私のお気に入り:体をねじる。ねじれば?ねじろう!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

今回は何のネタにしようかな~と考えていたら、ある記事を見てこのネタに。

現在開催中のサッカーワールドカップ。残念でしたね、日本。ブログはサッカーネタじゃありませんが、選手たちがヨガを取り入れているという記事。そしてそこに掲載されていた写真のポーズは、体をねじる「アルダマツエンドラアーサナ(半分の魚の王のポーズ)」。はい、今日はこの「体をねじる」。

私も12月からホットヨガを再開して、いろいろなクラスに参加していますが、あるクラスに参加したら、いつもとは違う体の変化を感じました。なんだか脇腹がスッキリして、息も吸いやすくなったような…

インストラクターの方に聞いてみたところ、そのクラスは「体をねじる」ポーズが多いとか。なるほど、これだ!

最近はこの「体をねじる」ヨガのポーズが多いクラスが、私の一番のお気に入りのクラス。行ける日時に、このクラスがあれば必ず参加。

「体をねじれば?」

お腹、背中、脇腹には、体幹を支えるために、肋骨と骨盤を渡る筋肉が多いので、「ねじる」ことでその筋肉を刺激できます。

脇腹の刺激は、腋窩付近のリンパも刺激して、リンパや血流などの循環改善にも効果的、さらに前後左右の胸部の刺激で、呼吸もしやすくなります。

内臓に適度な圧迫を与え、内臓機能の活性化も期待できます。

さらに、脊椎の横を走っている自律神経にも働きかけることができるので自律神経の調整にも効果的。

と、おいしいことがたくさん。

「体をねじろう!」

ヨガには、仰臥位、座位、立位の姿勢で複数ポーズがあります。ポーズについては、ここでは詳しくポーズは書けませんが「ヨガ ツイスト」「ヨガ ねじり」などで検索してみてください。

ちなみに私が好きなポーズは、ちょっときついですが立位のポーズの「ハイラウンジツイスト」。

ヨガのポーズじゃなくても、背もたれのある椅子に座り、背もたれを両手でつかんで、ねじってもOK。デスクワークの多い方におススメ。

ねじる時には、胸や顔を後ろに向けるというより、おへその下の方からグイっとねじりましょう。あとはできるだけお腹と背中をまっすぐ立てること。そして呼吸を止めないで、深い呼吸をしながら行ってくださいね。

 

6月の体験教室~初じめての鍼は?~

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

6/17(日)に体験教室を開催しました。2名の参加予定だったのですが、1名風邪を引いてしまいキャンセル。ということで今回は1名で行いました。

この体験教室は、鍼(はり)・灸(きゅう)の体験だけでなく、東洋医学について知ってもらいたいので、前半は、超基本的な東洋医学のお話。

でも東洋医学を全く知らない方は「???」って感じは否めませんが、それでもなんとなく「へ~そうなんだ」と思ってもらえたらいいなと思っています。

今回ご参加の方からも「難しいですが、流れは理解できました」とコメントをいただきました。

講義の後は、鍼灸体験。鍼灸は「経験なし」の参加者さん。今回は、お一人で時間もあったので、ベッドに寝ていただき、手足に4本、鍼を刺してみました。

ちなみに刺鍼場所は、足のツボの「三陰交」と、手のツボの「合谷」。「チクッ」という感覚はあったものの大丈夫なご様子。「未知の世界でしたが身近に感じられました」と。良かった良かった。

鍼体験の後は、お灸体験とツボ探し。お灸は色々なお灸をご覧いただきました。セフルケアでも使える市販されている台座のお灸や、プロが使うお灸、前回ご紹介できなかったんですが(ごめんなさい)自宅でも簡単にできる棒灸セットをご紹介。

ツボを探しながら、台座のお灸や棒灸をご自身で行っていただきましたよ。片足だけにしてもらいました。片足が軽くなり、少し青みがかっていた足の色も、白くつやのある色に。

とすべて終了~。「効果をしっかり実感できました」とうれしい一言をいただけました。ご参加いただきありがとうございました。

当院では、これからも毎月1回のペースで同内容の体験教室を開催しますので、興味のある方はぜひご参加ください。7月の開催は、7/26(木)です。参加には、事前のお申込みが必要です。

体験教室の詳細はこちら>>>

 

※施術効果は個人差があります。

むくみ解消「痩せた?」~ブライダル鍼灸~

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

6月、日本は梅雨の時期。でもヨーロッパの「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」という言い伝えが、日本でも広まり、ジューンブライド(june Bride)、6月の花嫁は多いみたいですね~。

さて20代女性。3か月で6回のブライダルエステを受けて、その時「むくみがひどい」と指摘され、お母さまから「むくみなら鍼灸」とアドバイスを受け、インターネットで検索。

結婚式にむけて、「むくみ」を解消すべく当院の「体のケア」と「顔肌鍼」をセット受診。来院いただいたのは、挙式の10日ほど前。

1回目の施術が終わった後、「え~、もっと早く来ればよかった…」と。そう、上半身も下半身もむくみが取れて、お顔も小さく、足も細くなりました~。

1回目の効果を実感し、やっぱり挙式前にもう一度来たい!ということで、挙式2日前にもう一度受診することに。

2回目の来院時は、1回目来院時よりスッキリしていました。よかった、よかった。またお知り合いからは「何やったの?」とびっくりされたとか。

2回目の施術後、1回目の来院時ほど驚く変化ではありませんでしたが、またまたスッキリ。満足なご様子で安心しました。

たま~に「鍼で痩せませんか?」とか、「痩せるツボありませんか?」と聞かれます。ダイエットや痩身をうたっている鍼灸院や美容鍼灸サロンなどありますが、即効性を期待できる「痩せるツボ」というのは残念ながらありません。あるなら、まず私がやってます(笑)。

しかし鍼灸は、健康的で痩せやすい体作りをサポートできます。血流などの循環を改善し、自律神経やホルモンバランスを整え、代謝をアップする。そしてダイエットの大敵、便秘、冷え、むくみなどの改善に役立ちます。

この方のように「むくみ」が邪魔して太く見える場合なら、1回の施術でも、見た目がほっそりスッキリします。そして、施術を定期的に継続することで、「むくみ」にくい体になっていきますよ。

「むくみ」を解消して、あなたの記念の1日を素敵に過ごすお手伝いができたら、私もうれしいです。ぜひご相談ください。

 

※施術効果は個人差があります。

 

倦怠感・胃腸の不調と梅雨の関係

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

6/6(水)に東海地方も梅雨入りが発表されましたね。

私も先週の水曜日、なんだか今日は軽い頭痛がするな~と。そう、気候や気圧の変化で起こる私の偏頭痛が、季節の変わり目、そろそろ梅雨入りですよ~と知らせてくれました。それになんだか体もだる重く、胃がスッキリしない…さらには症状は進行して、今週月曜日は、う~腰全体と足首が重痛い!

私の父も、なんだか体がだるく、膝がガクガクすると。ということで父には治療をして、はぁ~楽になった~。と。足の運びも良くなりました。

ということで、私以外にも、体がだるい・重い、胃腸の調子が悪いなどの不調を訴える人が多いこの梅雨の季節の自然界の邪といえば、じめじめとした「湿邪(しつじゃ)」。

「湿」は、「陰」の邪で、体の下部を犯しやすく、重く、停滞する性質があります。つまり、足腰などの下半身に症状がでることが多いんですね。足がむくむとか、腰が重いとか。これ、まさしく私ですね。

そして「湿」は、「脾と胃」を犯しやすい、つまり消化器系を犯しやすいと言われているんです。胃がもたれる、胃がスッキリしない、食欲不振、ひどくなると吐き気などの症状が現れます。

そして「脾」が不調になると、気血が作り出されにくくなり、体がだるい・重い、倦怠感などの症状がでてくるのです。

梅雨の時期の「湿邪」が、胃腸に影響し、体のだるさや倦怠感、足腰などの下半身の症状をもたらすんです。

足のむくみなどがひどい場合は、利尿効果の高い温かい緑茶、胃腸の調子が悪い方は、温かいジンジャーティーをどうぞ。そして夜にはゆっくり温かい湯船につかり、寝てくださいね~。

そしてセルフケアで使いやすいおススメのツボをご紹介

「足三里(あしさんり)」:胃のツボといえばこのツボ!膝のお皿の下から指4本分下で、足の全面の真ん中にある出っ張った骨から2㎝ほど外側にあるツボ。

「公孫(こうそん)」:胃と脾を連絡するツボ。胃と脾のバランスを整えます。胃が気持ち悪くて、ちょっと吐き気が…なんて方にもおススメ。足の親指側の側面指1本分ぐらい上をスーッと足首に向かって指を滑らすと、足の甲が高くなり始める辺りのポコッとへこんでいる所。

「内関(ないかん)」:腕の内側にある万能ツボ。乗り物酔いで有名なツボですが、消化器系にもいいんです。手の平側で、手首から指3本分肘側の真ん中あたり。

なかなか良くならない…なんて方は、ぜひ当院にご相談くださいね。

下歯のトラブル、もしかして腸・脱毛が関係?!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

前回のブログ「私のお気に入り:電動歯ブラシ~30代歯のトラブルが次々!~」の続き。

今回は、この渦中の時にはわからなかったけど、東洋医学を学んで「まさか!」と思ったお話。

東洋医学では、目には見えませんが、体には、経絡(けいらく)という路線が走り、その路線の各駅が、経穴(けいけつ=ツボ)です。東洋医学をベースに治療を行う時は、これらの経絡、経穴を使って行います。

今回の30代でトラブルが勃発したのはすべて下の歯。実はこの下の歯は、経絡の大腸経と関係が深いのです。ちなみに上の歯は胃経との関係が深いんですよ。

実は私は、この下の歯のトラブルが出る前に、1か月内に度重なる遠方(東京から北海道や金沢や福岡などなど)への無理な日帰り出張(朝一の飛行機で行き、最終の飛行機で戻るなど)が続き、腸をあっという間に悪くしてしまったのです。

腸が、酸化しているかのようで、いつもお腹がすっぱい感じで、気持ち悪い…病院に行っても原因はわからず、病名が付くこともなく、処方された薬を飲んでも良くならず。

「これは自分でなんとかするしかない!」と思い、腸に良いことや色々なサプリメントを試しました。「快掃丹」というサプリメントに辿り着き、5年ほど飲み続け、改善しました。

この頃はわかりませんでしたが、大腸と下の歯は、東洋医学的には関係があり、もしかしてこの腸の不調で、下の歯が?と思ったわけです。

そしてもう一つ。30代の初めに、全身脱毛をしました。私の場合「わき」以外で一番気になっていた所は「肘下の腕の毛」。薄くて、細くて、長~い毛が、ふさふさ生えていました。今は、つるつる。

東洋医学では、「毛は弱い所を守っている」と言われています。「毛」は大事な役割を果たしているんですね~。そして私のその肘下の腕の毛の場所は、まさに大腸経のラインをカバーしていたのです。

この脱毛が下の歯のトラブルに直接関係したのか、偶然なのかはわかりませんが、東洋医学的に見ていくと、もしかしたら関係していたのかも?という話でした。

 

 

 

 

私のお気に入り:電動歯ブラシ~30代歯のトラブルが次々!~

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

10年以上愛用している電動歯ブラシ「ソニッケアー」。使用中の2代目が充電できなくなってしまい、3代目をインターネット通販サイトでポチッ。届きました~。

ということで今回は私のお気に入りとそれを愛用するにいたったエピソードを。

私が「ソニッケアー」を使い始めたのは、30代半ば。たまたま東急ハンズで実演販売していたのを見たのがきっかけ。

使い始めは、くすぐったかったのですが、使い慣れると、歯を磨いた後の爽快感がたまらず、今ではなくてはならない私のお気に入りの一つ。

たくさん種類がありますが、2代目からホワイトニングモード付のタイプを使用中。30秒毎にブザーがなり2分で止まります。さらにホワイトニングモードは最後にプラス15秒が2回。私は上の歯2分、下の歯2分で行っています。

ブラシの大きさも選べますよ。私はミニサイズを利用。少し重かった1代目より、2代目は軽量化されて楽に。

さてここからは、電動歯ブラシを使うきっかけとなった私の歯のトラブルのお話を。

36歳の時、左下の一番奥の歯がグラグラするな~と思っていたら、親知らずが、ニョキニョキと生え、左下の一番奥の歯を下から邪魔だ邪魔だ!と押していたんです。虫歯治療済みのあまり良い状態ではないその押された奥歯は、親知らずの勢いに負け、折れてしまったのです。ひぇ~。

邪魔者がいなくなったその親知らずは、ぐんぐん成長。すべて姿を現すと、折れた奥歯の1.2倍ぐらいの大きさの大きな親知らず。でも連日夜中過ぎまで働かなければいけないほど、仕事がすごく忙しかったこともあり半年以上放置。

何とかこの親知らずを利用できないものか…とインターネットで「歯の移植」というキーワードを発見!東京駅近くの歯医者へ。

でも移植した歯は長くはもたないということで、親知らずを、奥歯1本分前に動かすことを勧められ、矯正することに。

矯正を始めて、しばらくした頃、今度は右下の奥歯。調子が悪いと思っていたら、これもポキッと折れてしまい…ということで、これが初めてのインプラント。

親知らずは少しずつ移動。しかし!またもや問題勃発!今度は左奥の2番目の歯。

良い状態ではなかった歯で、親知らずを手前に引き寄せる軸としてはちょっと役不足。軸となるその歯にもかなり負担がかかるために、その2番目のその奥歯もそれほど長くもたないだろう…と。

インプラントにして、しっかりした軸にした方がいいのではと。結局、左下の奥から2番目の歯もインプラントに…トホホホホ。でもインプラントにしたことで、しっかりした軸ができ、親知らずを動かす力がパワーアップ!

途中インプラントの手術なども入ったので、矯正に4年ぐらいかかりましたが、奥歯1本分動きましたよ~。その他、歯並びや噛み合わせが悪かったところも矯正で改善。インプラントの調子も今のところ悪くありません。

あ、矯正を始める前には、他の歯もすべてチェックして治療が必要は歯は治療し、そして銀歯はすべてセラミックに。そして毎日「ソニッケアー」でお手入れ。矯正中も歯磨きは金具があるので大変ですが、電動歯ブラシのお陰で、ずいぶん楽でしたよ。

そして実はこの他に、2本目のインプラントの手術の時に、先生からもう一つ提案が。

それは「下顎隆起」を削ること。実は下の歯の内側全体に骨隆起があったんです。いつ骨が隆起したのかはわかりません。痛くもかゆくもないので。

インプラントの手術のついでに行えば、わざわざするより安くできるよと。「下顎隆起」は、女性に多く、歯ぎしりや食いしばりが強い方に見られることが多いとか。

でも悩みましたよ~。安いと言っても手術代は、結構なお値段なので。それに削るメリットがわからなかったので。でも悩んだ結果、削ることに。

削ってみて分かったこと、手術しなかったら、わからなかったこと。

それは寝るときに舌の位置に困ってたんだ~ということ。手術後は、舌を置く場所が確保できて、寝るときに舌が気にならなくなり(今までは気になってたんだ~)、寝入りが良くなったんです。こういうの経験者だからわかることですよね~。「下顎隆起」の手術で悩んでいる方、ご参考まで。

でもこの30代になぜこうも歯のトラブルが勃発したのか…この時にはわからりませんでしたが、東洋医学を学んだことで見えてきたことがありました。

この続きは次のブログで!

 

肩・腕がしびれる~腕を上げてる時~

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

40代女性。最初はお顔の美容鍼で来院。でもお体の方の状態を伺うと、右の肩、腕にしびれがあるとか。またまた肩や腕の問題です。当院には、なぜか腕にトラブルがあるお客様が本当に多く来院されます。

この方の場合、いつもしびれているわけではないようで、車の運転中や、歯磨きをしているとき、ドライヤーで頭を乾かしていたり、荷物を持っていたりするとしびれるとのこと。

なるほど。この動作からわかる共通の動作は「腕を上げている時」です。

「腕を上げているときにしびれる」というのは、胸郭出口症候群(TOS)の特徴的な症状で、血管や神経が、肋骨や鎖骨、筋肉などによって圧迫されることで発生。その圧迫は、①斜角筋間隙、②肋鎖間隙、③小胸筋下間隙という解剖的な狭窄部位で起こりやすくなっています。

医者ではないので診断はできませんけどね、この方も「胸郭出口症候群」ではないかな〜。

ということで1週間に1度来院いただくことに。1回目の治療の後に、しびれは少し改善。2回目の治療の後には、歯磨きの時のしびれはなくなりましたが、より腕をより高く上げる、ドライヤーの時にしびれるとのこと。

3回目の治療の後は、痺れはほとんど感じなくなりました。最初に来院したときの痺れを「スコア10」とすると、3回目の治療の後は「スコア3」程度に。ほとんど気にならなくはなりましたが、まだ少ししびれます。

「スコア3」以降は、改善の進捗が少し鈍化しましたが、6回目の治療後は、ほぼ「スコア0」に。

今回この方は、胸郭出口症候群が疑われるしびれでしたが、肩や腕にしびれや痛みを感じる場合、色々な原因や絞扼部位が考えられます。しびれや痛みは、どこに、どのような時に(どのような動きの時に)出てくるかを良く観察して、教えてくださいね。

そしてこの方のように、最初はお顔の美容鍼で来院される場合でも、ほとんどの方にお体の不調があります。お顔の状態を良くするためには、首肩周辺の循環環境が重要な要因の一つです。「きれい」を手に入れるためにも、まずはきちんと体を労わってあげてくださいね~。

 

※施術効果は個人差があります。

巻き肩~整体もやってます~

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

当院は、ほとんどの方が鍼灸を受けに来院しますが、インターネット検索で当院を見つけて、整体希望の貴重なお客様がいらっしゃいました。

40代女性。勤務先近くで、2週間に1回程度通っているマッサージ店の方から「巻き肩だから、整体に行った方がいいいですよ」と勧められ、インターネットで、ご自宅の近くで整体院を検索、当院を見つけていただきました。ありがとうございます。

「巻き肩」以外には背中や肩の張り感が気になるとのこと。

当院の整体は、問診の後に、筋肉反射テストを行います。この筋肉反射テストで、後頭骨から仙骨のアライメントにおいて、どこに問題があるかを検査します。この方はカテゴリー3という結果がでました。カテゴリー3は、腰椎の問題を意味します。

施術は、まずは体を緩め(揉んだりはしません)、他動的に体を動かしながら骨格・筋肉の調整を行います。

お悩みの「巻き肩」の調整のため、肩を上から下方向へ押してみたら、あらららら?右腕が動きます。どうやら右腕の肩甲骨に付着している筋肉達がつっぱってるんですね~。腕の筋肉達が、巻き肩にに大きく関係しているようです。ということで、腕も筋肉の状態を確認しながら緩めていきます。あ、巻き肩になる理由は人それぞれ。もちろん腕だけが原因ではない場合もありますよ。

そして筋肉反射テストでカテゴリー3と問題の出た腰椎の調整。当院の矯正は、バキバキ、ボキボキすることはありません。三角ブロックを骨盤の下に入れ、15分程度寝ていただき、ご自身の体重を使って骨格を整えていく、優しい矯正です。最後に頭のリズムを調整して終了。

2回目は、1週間後。この1週間、とても体が楽だったそうです。それは良かった良かった。巻き肩も、若干また内に入りましたね。ということで2回目も1回目と同様の治療をして終了。

3回目も、1週間後に来院。巻き肩が改善して、姿勢もきれいに。そしてなんだかお腹周りもスッキリしましたよ。腕の突っ張り感もなくなってます。施術前お筋肉反射テストは陰性。腰椎の問題も改善し、今日で卒業できますね!ご自身でもストレッチをしたりして、常に体に気を使っている方なので、短期間で卒業できました。

整体のいいところは、他動的に動かすことで気が付くことがあること。ということで、鍼灸が苦手…という方も、整体のメニューをご用意していますので、ぜひご利用ください。

 

※施術効果は個人差があります。

心の乱れで、めまい・動悸が勃発!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

60代女性。3日前からぐるぐるめまいが勃発。脳のMRIやCT、血液検査などを受けたが異常なし。3年前にも旅行先で、ひどいめまいを起こしたことがあり、検査を受けるも異常なしだったよう。お医者様より、自律神経の乱れと言われ、色々調べてみたら、「鍼灸が良いのでは?」ということで来院。

来院時には少し一人で歩くのは大変そうな様子で、娘さんが付き添い。そしてお話を色々伺うと、1週間ほど前に精神的に大きなストレスを受けたとか。そうですか…その心の乱れが体に影響してしまった、そんなご様子でした。めまいの他には、過呼吸、吐き気もあったとのこと。

鍼灸は初めてなので、1回目の施術は、優しい鍼で、とにかくリラックスしてもらうこと、そして自律神経の乱れの改善を第一に。手足の動脈の脈を感じる所を探して刺鍼、そして鍼が脈の動きに合わせて揺れるのを確認します。動脈血管には交感神経が走っているので、脈打つ場所への刺鍼は、自律神経にアプローチするとても効果的な方法なんですよ。施術後は少し楽になったと、帰りの足取りも来た時よりも良くなっていました。

最初の3回は1週間に1回のペースで来院。施術後3日ほどは調子が良いみたいですが、その後はめまい・動悸がまたでてきます。口臭も少しありますね。東洋医学的には、動悸や口臭は、胸に熱がこもると出てくることがあります。両側の首筋にも湿疹が。これも熱症状ですね。お腹は大きな拍動を打っています。

良い方向に向かっているので、治療内容は大きく変更せず、湿疹の症状には、アトピー性皮膚炎の症状緩和と同じアプローチを。赤み・かゆみは落ち着きました。

4回目の来院時には、動作時にめまいはあるものの、ぐるぐるするひどいめまいは落ち着いてきたとのこと。そして一番気になる症状は、めまいから動悸と不眠に移行。実はこの時、私の胸の辺りがムカムカ。どうやらこの方の胸の辺りに滞留しているエネルギーが私に伝播したようです。

ドカンと大きな精神的なストレスを受けたせいか、ちょっとしたことで心配や不安になる。知らないところに行くと不安を感じたり、家族の健康のことが気になったり、そのせいで眠れず、食事もおいしくないし、口が苦い。

4回目からは、2週間に1回のペースで来院。7回目の来院時には、動悸や口苦もほぼ落ち着き、食欲も少しずつ出てきました。

あとは不眠…ですが不眠の症状は、実はもう長いお付き合い。抗不安薬を長年服用。でも最近は薬を飲んでも寝れないことが多いよう。心の乱れが、体に症状としてでてくるのは少し落ち着いてきましたが、不眠を解消するには、もう少しかかりそう…

 

※施術効果は個人差があります。

断薬~まずは抗不安薬~

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

当院がオープンした2017年11月から通う30代女性。最初に来院したとき「とにかく巡りを良くしてください」と。通常は、あそこが痛い、ここが痛い、〇〇で調子が悪い…というお話が普通なので、ちょっとびっくり。

今まで名古屋まで鍼灸治療を受けに行っていたようですが、通うのが大変で、多治見に女性スタッフの鍼灸院ができたのでと来院。見つけてくれてありがとうございます。

長い間、理由が分からず体の調子が悪く、色々病院にも行ったようです。とある心療内科に行っても「うちでは…」なんて断られてショックを受けたこともあったとか。つらい思いをしてきたんですね。

話をよ~くお話を聞きいていくと色々辛いところや、体の悩みがありました。でも一番感じたことは「心」。色々自分の中で整理できないことが多いようで、お話もあっちこっちに。お腹もパンパン。

色々な思いを吐き出せない、整理できない人は、お腹がパンパンだったりします。当院にもお腹のパンパンな方が良く来院されますが、彼女もそんな一人。心と体は繋がってますからね。体が病むと心も病む、反対に心が病むと体も病む。

でもとっても明るい彼女。「今は、色々心の整理ができないことが多いかもしれないけど、それだけ明るければ大丈夫。一緒に頑張りましょうね」と。こうやって始まった二人三脚。施術だけでなく、心の整理整頓もしていきます。

今悩んでることや、どう考えたらいいのか、どうしたらいいのか、わからないことを話してもらい、そして私はそれに対して、私が答えを出すのではなく、思考のヒントを与えるだけ、もしくは思考の流れや見方についてアドバイスするだけ。

基本は自分自身で考え、自分で決めること。そう自分自身で納得する、懐に落とすことが大事。だって答えは人それぞれだから。

彼女は治療が終わって家に帰ると、私の話で印象に残った言葉をノートにメモして、悩んだら見直しするなんて努力をしていたようです。そうなんですよ、真面目な性格ですからね。

そして最初の来院からそろそろ5か月。この5か月ですごく変わりましたよ。実のお母さまからも、考え方がすごく変わったね。と言われたり、ご主人からは特に何も言われていなかったようですが「最近私良くなったと思わない?」と彼女のほうから聞いてみたところ「うん」と答えたとか。

心の変化は、こんなところに現れてきました。7年以上服用している抗不安薬を飲まなくても大丈夫になったこと。抗不安薬を急にやめると離脱症状がでるので、2017年12月頃から量を少しずつ減らして飲み始め、1月に入ってから完全に飲むやめて、約4か月飲んでません。

2月頃には「先生、離脱症状(体のこわばり)がでてきたので行ってもいいですか?」というときもありましたが、でも薬を飲むのをやめたら「頭がボーっとしない、スッキリしていて、昨日の夕飯も思い出せなかったのに、最近は色々覚えてるんですよ!」と、とてもうれしそう。

そして「最近色々食事を体調に合わせて変えてみたり、日記もつけたりして、毎日すごく楽しいんです」と。話をしていてもその楽しさが伝わってきます。そしていつもパンパンだったお腹が、あらびっくり、スッキリしてます。ご自身でもびっくりしてました。

そして来院当初はなかなか順序立ててお話できなかったことも、最近では整理整頓して話もできるようになってます。

次の目標は、睡眠薬をやめること。最近、ある施術をしたら「あの夜、睡眠薬を飲まないで眠れたんです。うれしくて」と。でも次の日は、睡眠薬を飲んだそうですが「この2日間、ぐっすり眠れて、翌朝は、体が楽で、良く動くし、意欲もわきました!」と。

そっか~。じゃあ、これからは不眠解消にあの辺りを色々試してみますかね…このお話はまた別の機会に…それにしても、抗不安薬、抗うつ薬、睡眠薬を飲んでる人、多いなぁ…

なお、当院で断薬の指示やプロセスを提示することはございません。断薬・減薬は、主治医に相談し行ってください。

 

※施術効果は個人差があります。