顔肌鍼(美容鍼)で肩こりとれますか?

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

【初回限定】お試し顔肌鍼(美容鍼)の受診が多かった、9月、10月。ご予約やお問い合わせの中で、「肩こりも良くなるか?」というフレーズを何回か見聞きしました。

美容鍼は、施術提供する部位の範囲、鍼数、方法などは、個々のお店で違います。当院の場合は「体が大事!」というコンセプトなので「体のケア」のオプションで「顔肌鍼(美容鍼)」を提供しています。

また「オプションの顔肌鍼」は、「体のケア(鍼灸)」と同時受診か、「体のケア」の受診後1ヶ月以内なら「オプション顔肌鍼 単独受診」もできます。

ただ、美容鍼をきっかけに、鍼灸に興味をもってほしいなぁ~という思いもあり、【初回限定】で顔だけの施術を提供しています。

「【初回限定】お試し顔肌鍼」は、「オプションの顔肌鍼 単独受診」と同じ内容。顔と頭部に30本の鍼を刺しますが、のぼせや偏頭痛の勃発を防ぐために、その方の体調を考慮し体にも4本程度鍼を刺します。

またこれ以外に、15分ほど置鍼している間、美容鍼の効果を高めるために、首肩周辺の循環改善を目的に、オステオパシーなど手技によるやさしい簡単な施術も行います。

この施術で「肩こり」が軽減される方も。首肩こりの自覚症状がなかった方も、施術後の首肩周りが、軽くなったにビックリという方もいました。でもあくまでも「肩こり」解消のための施術ではなく、美容鍼の効果を高める施術。

正直「肩こり」が目的なら、ぜひ「体のケア」を受けてください。「肩こり」は顔の状態を悪くする一つの要因。

「肩こり」だけでなく、「お顔やってる場合じゃないですよ~」とツッコミを入れたくなる、体の状態の方もいらっしゃいます。

治癒力の高い20代、30代前半の方なら「顔」より「体」の施術がおススメ。特別な時や気合を入れたい時などに「顔」をプラスして。30代後半以降の方には「体」と「顔」の両方の受診がおススメ。

「【初回限定】お試し顔肌鍼」と「体のケア」を組み合わせた受診もできますので、ぜひご利用ください。

「顔のむくみが気になるので顔の鍼がしたい!」という20代、30代前半の方が何人かいらっしゃいました。でも「むくみ」なら「体」を優先すべきと、基本「体のケア」を行っています。

ある方は鍼治療の後出勤すると「鍼に行った?」と言われるほどの変化だったり、ある方は「体重はまったく変わっていないのに、痩せた?」と言われるとか。また顔のむくみだけでなく、全身のむくみも改善してきて、「朝から足がむくんでだるかったのが、なくなってきて本当に楽です」と。

顔や足のむくみは実感しやすいですが、上半身のむくみに気が付いていない人は多いんです。逆に言えば、その気が付いていない上半身のむくみが、顔や足のむくみに影響している場合もあります。「体のケア」を受ければ全身のむくみにアプローチできます。そして「むくみ」は私の得意分野。ぜひ「むくみ」にお悩みの方はご相談くださいね。

美容目的以外で「体のケア」を定期的に受けている30代の方もお体の効果以外に「肌に張りや艶がでてきた」とか、40代後半の方からも「お肌の調子が良くなった」と、「体のケア」でお顔への影響もしっかり実感している方も。

「美は健康から」。体を大切にして、ご自身の力で美しくなってください。

私も、仕事がハードで、体調も絶不調だった30代の頃。極度の冷えによる下半身全体の痛み、胃腸はボロボロ、もちろん肩・背中・腰など体は当然ガチガチ。顔も肌が薄くて、頬はカサカサ、乾燥シーズンには必ず皮がめくれてました。顔には色々塗りたくってましたね(笑)。でも改善しませんでした。

でも今は30代の頃より、体調も格段に改善。今は5年以上、顔は水で洗うだけのシンプルケア。化粧水もほとんど塗ってませんが、以前ほど肌は薄いと感じないし、皮がめくれることもありません。何もしていない今の方が、調子は良いんです。

先日ヨガに行ったら、【初回限定】お試し顔肌鍼を受けたお客様とばったり。施術後の2~3日後にのピークがきて、施術後すぐよりさらに良くなったとか。この方にも「体が大事」とお伝えしたところ、その後、体にいいことを色々模索しているとか。

当院に来た時は、本人はお顔の左右差を気にされていましたが、お顔の左右差も整っていたし、来院時より調子がよさそうでした。体に注目したからこその改善かもしれませんね。

 

※施術効果は個人差があります。

 

 

むくみ解消「痩せた?」~ブライダル鍼灸~

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

6月、日本は梅雨の時期。でもヨーロッパの「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」という言い伝えが、日本でも広まり、ジューンブライド(june Bride)、6月の花嫁は多いみたいですね~。

さて20代女性。3か月で6回のブライダルエステを受けて、その時「むくみがひどい」と指摘され、お母さまから「むくみなら鍼灸」とアドバイスを受け、インターネットで検索。

結婚式にむけて、「むくみ」を解消すべく当院の「体のケア」と「顔肌鍼」をセット受診。来院いただいたのは、挙式の10日ほど前。

1回目の施術が終わった後、「え~、もっと早く来ればよかった…」と。そう、上半身も下半身もむくみが取れて、お顔も小さく、足も細くなりました~。

1回目の効果を実感し、やっぱり挙式前にもう一度来たい!ということで、挙式2日前にもう一度受診することに。

2回目の来院時は、1回目来院時よりスッキリしていました。よかった、よかった。またお知り合いからは「何やったの?」とびっくりされたとか。

2回目の施術後、1回目の来院時ほど驚く変化ではありませんでしたが、またまたスッキリ。満足なご様子で安心しました。

たま~に「鍼で痩せませんか?」とか、「痩せるツボありませんか?」と聞かれます。ダイエットや痩身をうたっている鍼灸院や美容鍼灸サロンなどありますが、即効性を期待できる「痩せるツボ」というのは残念ながらありません。あるなら、まず私がやってます(笑)。

しかし鍼灸は、健康的で痩せやすい体作りをサポートできます。血流などの循環を改善し、自律神経やホルモンバランスを整え、代謝をアップする。そしてダイエットの大敵、便秘、冷え、むくみなどの改善に役立ちます。

この方のように「むくみ」が邪魔して太く見える場合なら、1回の施術でも、見た目がほっそりスッキリします。そして、施術を定期的に継続することで、「むくみ」にくい体になっていきますよ。

「むくみ」を解消して、あなたの記念の1日を素敵に過ごすお手伝いができたら、私もうれしいです。ぜひご相談ください。

 

※施術効果は個人差があります。

 

倦怠感・胃腸の不調と梅雨の関係

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

6/6(水)に東海地方も梅雨入りが発表されましたね。

私も先週の水曜日、なんだか今日は軽い頭痛がするな~と。そう、気候や気圧の変化で起こる私の偏頭痛が、季節の変わり目、そろそろ梅雨入りですよ~と知らせてくれました。それになんだか体もだる重く、胃がスッキリしない…さらには症状は進行して、今週月曜日は、う~腰全体と足首が重痛い!

私の父も、なんだか体がだるく、膝がガクガクすると。ということで父には治療をして、はぁ~楽になった~。と。足の運びも良くなりました。

ということで、私以外にも、体がだるい・重い、胃腸の調子が悪いなどの不調を訴える人が多いこの梅雨の季節の自然界の邪といえば、じめじめとした「湿邪(しつじゃ)」。

「湿」は、「陰」の邪で、体の下部を犯しやすく、重く、停滞する性質があります。つまり、足腰などの下半身に症状がでることが多いんですね。足がむくむとか、腰が重いとか。これ、まさしく私ですね。

そして「湿」は、「脾と胃」を犯しやすい、つまり消化器系を犯しやすいと言われているんです。胃がもたれる、胃がスッキリしない、食欲不振、ひどくなると吐き気などの症状が現れます。

そして「脾」が不調になると、気血が作り出されにくくなり、体がだるい・重い、倦怠感などの症状がでてくるのです。

梅雨の時期の「湿邪」が、胃腸に影響し、体のだるさや倦怠感、足腰などの下半身の症状をもたらすんです。

足のむくみなどがひどい場合は、利尿効果の高い温かい緑茶、胃腸の調子が悪い方は、温かいジンジャーティーをどうぞ。そして夜にはゆっくり温かい湯船につかり、寝てくださいね~。

そしてセルフケアで使いやすいおススメのツボをご紹介

「足三里(あしさんり)」:胃のツボといえばこのツボ!膝のお皿の下から指4本分下で、足の全面の真ん中にある出っ張った骨から2㎝ほど外側にあるツボ。

「公孫(こうそん)」:胃と脾を連絡するツボ。胃と脾のバランスを整えます。胃が気持ち悪くて、ちょっと吐き気が…なんて方にもおススメ。足の親指側の側面指1本分ぐらい上をスーッと足首に向かって指を滑らすと、足の甲が高くなり始める辺りのポコッとへこんでいる所。

「内関(ないかん)」:腕の内側にある万能ツボ。乗り物酔いで有名なツボですが、消化器系にもいいんです。手の平側で、手首から指3本分肘側の真ん中あたり。

なかなか良くならない…なんて方は、ぜひ当院にご相談くださいね。

首肩こりスッキリ。足のむくみもスッキリ?!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

50代女性。主訴は、首肩の痛み。若い頃からずっと首肩こりでお悩み。雨の日や寒くなると症状も悪化するとのこと。首の回旋、側屈時に痛みやつっぱり感がでます。動きはさほど悪くありません。

あと気になるのは、足のむくみ。そして最近は、花粉の影響で鼻症状と目のかゆみ。中学生頃から慢性の便秘。そして5年前ぐらいから尿検査で、たびたびひっかかることが多くなったとか…舌を見せてもらうと多めの白苔。どうやら「水」が関係している感じですね~。

首肩こりの前に、足のむくみの話を。足のマッサージしたりしてもなかなかむくみが良くならない方がいます。私の母もある日、右の足の甲がパンパンになってしまった時がありました。足のツボをいくつか触って反応を見ましたが、多少は改善するものの、むくんでいるのが目で見てはっきりわかるぐらい、まだまだむくみがとれませんでした。そこで作戦を変更し、足ではないある周辺のツボを試してみました。すると足の甲のむくみがスッキリ。そうこの方も同じようなタイプでした。

そのヒントになるリンパの流れの話。実はリンパの流れは、左右対称ではありません。ご存知でしたか?リンパの流れは、右上半身とそれ以外に分かれているんです。リンパの最終回収地点は、鎖骨の下にある静脈角。右の静脈角には右上半身、左の静脈角には、全部の下半身と左上半身のリンパが注がれます。つまり足のリンパが最終的に回収されるところは、左なんです。えっ?そうなの?って感じですよね。

左の静脈角は担当している範囲が広く、実はこの左上半身でリンパの渋滞が起きていると、足がむくむということがあります。こういうときは、いくら足をマッサージしても改善しないんですよ。そう、つまり上半身、特に左上半身がキーになります。

この方の足のむくみも左上半身のリンパの流れと関係していましたよ。そこで治療方針は、「水」そして臓腑は「肺」「腎」を中心にアプローチ。1回目の施術で、首肩もそして足のむくみもスッキリしたとか。いつも雨の日は症状が悪化するのに、さほど気にならなかったようです。そしてお顔のむくみもスッキリしたようで、会社の同僚から「やせた???」と声をかけられたとか。ずいぶん水はけが良くなったようですね~。

この方、実は治療を終えると、膝下の内側に5㎝程の赤いラインが出現しました。そして2回目の治療後は内側だけではなく、膝の外側にも同じような赤いラインが出現。随分流れが良くなったんですね~。

首肩こりがあって、足のむくみが気になるあなた。それは左上半身のむくみが原因かもしれませんよ~。気になる方はぜひ当院にご相談ください。

 

※施術効果は個人差があります。

そろそろ~鼻症状の花粉症対策~

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

今日は花粉症のお話。東海地方では、スギ花粉のピークは3月上旬~中旬、ヒノキのピーク4が月上旬~中旬頃だとか。岐阜県は昨年に比べてやや多いと予想されているみたいですね。

保険適用となったので「舌下免疫療法」を取り入れる方も多くなったかもしれません。アレルギーの原因物質(アレルゲン)を含むエキスを舌下に投与し、体内に少しずつアレルゲンを吸収させ、アレルギー反応を抑えていく方法。秋頃から開始するのが望ましいと言われています。ということで、これから来るスギ・ヒノキの花粉症対策には間に合わない…。

実は私もスギ花粉アレルギーを持っています。10年程前に、軽めの帯状疱疹をしたことがあり、その時先生からアレルギー検査を進められ、環境系のアレルギー検査をしました。そしたらあらびっくり、スギ花粉アレルギーがあるじゃありませんか。アレルギーレベル5段階の「レベル3」。

余談ですが、これ以外に、ゴキブリ。これはゴキブリの油だそうです。そして蛾。これは蛾の粉だそうです。驚きました。そんなものを持っていたなんて…この子達とあまり接しない、いや接したくないので、アレルギー反応を起こすこともないと思いますけど(笑)。

さてさて話を花粉症に戻して。スギ花粉アレルギーがあること、びっくりした理由は、症状がなかったから。あえて言えば、花粉症の皆さんが今日はたくさん飛んでてきつい!といった日などに、そういえば、今日は目が少ししょぼしょぼするかな~程度なんです。そう、アレルギーを持っていても症状が出にくい人もいるんですよ。

花粉アレルギーの症状が鼻に出る方、それ以外にも鼻炎の方、副鼻腔炎の方など「鼻」に悩みを抱えている人は、小鼻の横当たりから頬骨の下の頬骨に沿って、リンパの流れが悪く、しこりのような硬さがある方が多いですね。ツボでいうと、迎香(げいこう)、巨髎(こりょう)、顴髎(けんりょう)のあたり。骨の硬さじゃありあませよ~(笑)。左右を比較すると、鼻がつまりやすい方、鼻水がよく出る方が、より硬い場合も多いです。

ここのリンパの流れを良くして、しこりのような硬さを改善すると、鼻づまりや鼻水の状態が改善されることがあります。先日も鼻水・鼻づまりの方がいらっしゃっいましたが、2回目にご来院いただいた時、「そういえば、鼻水・鼻づまりが良くなってます。鼻をかむ回数が減ってます」と。ただ、この部分だけでなく、リンパが流れていく経路の先で渋滞していると、流れにくくなってしまうので、全体の流れを良くしていく必要ですが…。

鼻とリンパなどの水分の循環。この2つに関係しているのは、東洋医学では「肺」なんです。水分の循環は「へ~」って感じですよね。東洋医学では「肺」が全身に水を散布する役割があると考えているんですよ。

鼻症状を抑える自分でできるセルフケア

症状を緩和するためには、迎香(げいこう)、巨髎(こりょう)、顴髎(けんりょう)周辺の頬骨の下の流れを良くすることが大事です。頬骨の下の硬いところに人差し指・中指・薬指の3本の指の腹をあてて、上に持ち上げてキープ。1か所1分位。気になる場所がまだあれば、指を移動させてまたキープ。これだけで頬あたりの流れが良くなり、柔らかくなってきます。深呼吸とともに行うとさらに効果的です。ぜひ試してみてください。効果が出にくい方は、全身の流れを改善することをお勧めします。そんな時はぜひ当院にご相談くださいね。

 

※施術効果は個人差があります。

 

 

 

 

 

 

来た!多治見にホットヨガ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

今日は「私のお気に入り」の話。

30代の半ば、過酷な仕事・出張が度重なり、消化器や排泄機能があっという間にダメになり、改善するために始めた一つがホットヨガ。週に2回程度を5年ほど続け、体調も随分改善しました。その後生活環境の変化で続けることが難しくなり5年ぐらい。2017年春に多治見に戻り、運動不足を解消したい!とまず探したのが、ホットヨガ。でも多治見にはホットヨガスタジオがなかったんです…残念。

12月。家のポストに「ホットヨガスタジオ LAVA 多治見店 10月31日オープン」のチラシが!東京にいた時は、LAVAではないところに通ってましたが、さっそく体験レッスンの予約を…と、ちょっと待った!以前ホットヨガをやっていたころより、かなり太ってしまいまして(笑)…まずはヨガウェアをゲットしないと。ということで、土岐プレミアムアウトレットへ行ってきました。いや~、アウトレットが近くにあって助かります。

体験レッスンは、ヨガのポーズは少なめでリンパの流れを改善する「リンパリフレッシュヨガ」を受講。5年以上やっていないので筋力は落ちて、その代わりにお肉がつき、以前のようにポーズをとれません(笑)。腹筋が必要なポーズの時には、ブルブルしてしまいましたし、足を抱えたり、体を捻じったり、お腹の肉が邪魔をしてう~手が届かな~い(笑)…

ホットヨガが好きな理由。まずヨガ。簡単そうに見えるポーズでも、結構辛く、それなりに筋力とバランス力が必要です。気持ちを落ち着かせて意識を体に向け、体や自分自身を知ることができ、心身ともにバランス良い体作りができること。そう私には、交感神経を高ぶらせて行うスポーツより、静でありながら、体を作るヨガがあっているのです。

そしてホットであることで、固まった体でも最初から動かしやすい。さらに動かしやすくするために、レッスン開始5~10分程度前からスタジオ内で過ごすと、体の動きがさらに良くなりパフォーマンスが上がります。そしてなんといっても大量の汗をかき、むくみが軽くなり、スッキリするのがいいですね。ということで、これからホットヨガライフを再開してみます!

ヨガはインド発祥。でもホットヨは、アメリカ発祥で、インドの高温多湿な気候環境をスタジオで再現し行ったのが始まりとか。ホットヨガのスタジオは、室温38℃前後、湿度60%前後に設定され、その中でヨガのポーズをとっていきます。ネット上では、ホットヨガは良い?悪い?なんて記事を見ますので、ご参考までに私がホットヨガをする際に気を付けていることをいくつか。

①無理をしないこと:高温多湿の環境に最初から慣れない人、その日の体調によっても良い悪いがあります。呼吸が苦しかったり、クラクラしたり、調子が悪い場合は、無理をせず、その場で休むかスタジオから退出。スタジオ内の場所にも注意します。温度や湿度は場所によって少し差があるので、自分が過ごしやすい場所を見つけるのもポイント。

②水分をしっかりとること:レッスン中に先生から汗と拭くことと、水分をとるタイミングを与えられるので、その時には必ず取る。私は人より汗が出る方なので、私はそれ以外の時にも、汗を拭き、水分をとっています。

③レッスン後の温度差に気を付ける:レッスンが終わった後は、慌てて帰えらず、少しゆったり身支度して汗が引くのを待って外に出るぐらいの余裕があった方がいいですね。風邪予防や、激しい寒暖差による自律神経の乱れを防いでくれます。

この体験レッスンで私の自身の体で東洋医学的に少し気になったことを一つ。
レッスン最後の屍(しかばね)のポーズの時、先生が骨盤を揺らしてくれたのですが、その時お腹がチャポチャポ鳴りました。これ「胃内停水」といいます。水の代謝が悪い時に起こります。喉の奥に水が溜まっている感じもあるし、そういえば最近トイレの回数も少ないかな?水の循環と管理がうまくいっていないようです。実は最近ちょっと、夜ご飯以外に、おつまみとビールが多かったかも…と反省。冷たいビールからを温かいアルコール(でも飲むのかい!)に変えて、水の代謝を良くするために肺と腎の機能を高めるツボにお灸でもしてみましょうかね~。

今後も「私のお気に入り」をブログで公開していきますね。

 

※施術効果は個人差があります。

うわぁ~目が…でかっ!~美容鍼~

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

最近は、若い芸能人の方が「美容鍼」を取り入れているというニュースを良く耳にします。もちろん美容効果を期待して施術を受けているというのもありますが、顔に鍼を刺した写真が「インスタ映えする」というのも理由だとか(笑)。

今日はその美容鍼の東京で施術していた時のお話。

海外出張も多く、慢性的なひどい首肩こり、便秘、そして月1回発熱がある、ついつい体を休めることを忘れてしまうとても活動的な50代女性。

エステなどにも定期的に通っていましたが、美と健康の両方を1度に調整できる、体の調整と美容を目的としたお顔の美容鍼のセットコースを月2回取り入れることに。

お顔は疲れていて、くすんで少し黒い感じです。月に1回発熱があるって、相当エネルギーを消費してますね…疲れていても、いつも動き回って、体を休めることを忘れてしまうとか…こういう方は、強制的に休みを入れてくださいね。

さて、わりと目が大きい方ですが、まず初回の施術を終えて鏡を見ると、その目がさらに大きくなって、本人もびっくり。「目が顔の半分占めてない?」と少し大げさな表現でしたが、そのぐらい驚いていました。良いリアクションをいただけて嬉しかったです(笑)。そして肌の色も明るくなりましたよ。顔肌の色が明るくなるということは、顔の血流やリンパの流れが良くなり、血色が良くなったということ。むくみも取れるので、お顔もスッキリ。

お疲れがかなり定常的に溜まっている状態なので、始めたころは良い状態をキープできる期間は短かったですが、体とセットの調整を月2回をコンスタントに続けたことで、首肩こりも気にならなくなり、相乗効果で良い状態が長く続くようになりました。お顔の血流やリンパの循環は、必ず首を通るので、首の状態はお顔の状態を左右する重要な場所です。

施術を受けるたびに、目はパッチリするのですが、状態が良くなってきたことと、さすがに回数を重ねて当たり前のようになり、感動は薄くなってきましたが(笑)、施術を開始して半年以上過ぎたころに、ご実家に帰省し、久しぶりにお母様にお会いしたら、「あら~肌がきれいになったわね!」と言われたとか。お母様と以前お会いしたのは、施術を開始する前。はっきり目に見えてわかる変化だったということですね。

美と健康を一緒に手に入れる美容鍼灸をご自身のご褒美にいかがですか?

当院の美容鍼は、最初にオステオパシーの手技でお顔の筋肉の緊張とリンパの流れを良くします。が、手をほとんど動かしません。その後鍼を刺してその後10分程度置きます。肌へ刺激や摩擦は最小限なので、敏感肌の方や乾燥肌の方、シンプルケア派の方にも是非お勧めですよ。化粧品を塗っていないのに、施術後、顔に手を当ててもらうと、肌の感じが施術前と変わっているのを感じていただけます。人によって異なりますが、翌日~4日ぐらいの間に、さらに張り感がでて、化粧ののりも良くなります。

「目」がパッチリしますので、目がチャームポイントの方、チャームポイントにしたい方、アイメイクに力を入れている方、ぜひご利用ください。男性にもご利用いただけますよ。眼精疲労がひどい方にもおすすめです。

当院ではお体とお顔のセットが基本のコースですが、試してみたいという方に「【初回限定】お試し顔肌鍼(美容鍼)」をご用意していますので、ぜひご活用してください。

 

※施術効果は個人差があります。

腕の痛み~手首の痛み、腱鞘炎、テニス肘など~

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

肩こり、腰痛を感じていらっしゃる方は多いですし、国民病ともいわれてますが、私の所にはなぜだか、この2つの症状より「腕」に問題を抱えていらっしゃる方が多く集まってきます。

手首辺りの痛み、肘痛、上腕痛、肩周辺の痛みなど。自覚的に痛みのある所だけを治療しても良くならないケースもあります。

まだ多治見に治療院を開設して日が浅いので、東京で治療していた時の、主に筋肉とむくみが原因と考えられる40代・50代女性の3つの改善例をご紹介。いずれも長期間患っていたり、慢性化していた例です。もちろん1回の治療では良くなりません。その方の治癒力、患っていた期間、状態、そして腕の使用状況、そして施術の間隔などによって改善までの道のりは異なります。

【手首周辺の痛み:40代 女性(会社員)】

転んだ際、手をつき痛めてしまいました。その時はわからなかったのですが、後日ヨガで四つん這いのポーズをしたとき、手のひら全体、手首辺りに痛みが…そのうち良くなるでしょう~と、3ヶ月ほど放置。でも良くなる気配はないため、施術を受けることに。

数回の施術で改善というわけにはいきませんでしたが、何回かで、手のひらの痛みは徐々軽減、最後に手首のある所だけ痛みにが残りました。

どうしたものかと、念入りに触診。すると、私の体のある所が痛み始めました(この話はまた後日…)。①彼女の痛む所と、②私が体の痛くなった場所を、彼女の体で探します。①と②の2点を触りしばらくすると、②から大きな塊がズドンと流れていく感覚がありました。これで「むくみ」がひきました。痛みとは違う場所の「むくみ」が関係していたようです。その後、手をついて痛みを確認してみると、少し違和感はあるものの痛みがほとんどなくなりました。不思議な感じがしますが、東洋医学では同名経と言われる方法になります。

【パソコンの使い過ぎによる腱鞘炎・肘痛:50代 女性(自営業)】

パソコンの使い過ぎが原因と考えらる手首の痛み、肘の痛みがでて3カ月ほど。仕事場の環境が変わったことで、今までと違う机や椅子、そして姿勢が影響して手首への負担が増えたよう。整形外科に行って「テニス肘」と診断されたと。

肘窩の上の辺りにも圧痛があります。上腕の方を触ってみると、ありゃ~上腕の内側がガチガチです。このガチガチの筋肉に鍼を刺しても筋肉は柔らかくなりません。筋肉自身が硬いというより、むくみが邪魔をしているから。腕のむくみを改善する施術を行うと、上腕の内側も柔らかくなり、肘窩の上辺りの圧痛は取れました(上腕の内側が「むくみ」でガチガチになってる方結構います)。

手首の痛みは、手首から肘をまたぐ筋肉を緩めます。圧痛点や張り感の強い場所を探して鍼を刺していきます。ちょっと刺激がある鍼ですが、この方は刺激が大丈夫な方でした。次の日、腕がだるかったようですが、その後、痛みは気にならなかった。と。ご自身の自覚的な痛みの発する所だけでなく、拮抗する筋肉も見てあげることが大事です。この方も何回かの施術で良くなり、再発なくお過ごしのよう。

手首から肘にかけての痛み、上腕の痛み:40代 女性(演奏家)】

腕をハードに使いながら改善を目指す必要がある方。痛みのあるところを丁寧に見ていきますが、演奏できるのが信じられないぐらい、少し触ってもかなり痛がります。プロの方って、痛みを堪えてやってる方も多いですよね。

痛む箇所が広範囲なのでピンポイントではなく、経絡を考慮して施術していきます。表裏関係の経絡も見ていきます。またあまり刺激の強い施術をしてしまうと、施術後、演奏ができなくなるので、そのあたりにも注意が必要です。最初の頃は、薬指・小指側の痛みが強くでていました。ここの痛みが和らぐと次は親指・人差し指側に痛みが、さらに肘下の痛みが改善すると、上腕にも痛みが出てきました。この方も上腕の内側がガチガチ。これも「むくみ」ですね…こちらも同名経も使っての施術も行いました。

一番痛い所だけに目がいっていましたが、知らず知らずのうちに、腕全体を悪くしていたんですね。一か所良くなると、次、次と移っていきました…忙しいスケジュールでも、痛みを改善し、パフォーマンスを上げるために、定期的に施術を受けていただき、少し時間がかかりましたが、今は良好に。

腕の痛みのある方で、筋肉にアプローチしてもなかなか良くならない方、上半身のむくみが関係している可能性もありますので、ぜひ当院にご相談ください。

 

※施術効果には個人差があります。

 

それ「むくみ」なんですけどぉ~

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

程度の差はありますが、老若男女問わずむくんでいる人は多いですね。圧迫すると戻りが遅い人、靴下などの痕がなかなか消えない人、パンパンな人、もっとひどくなるとカチンコチンの人も。でも「パンパン=太い=肉(筋肉)」と思って、むくみだと気が付いていない人も多いです。

高校球児だった私の甥っ子もその一人。毎日素振りをし、鍛えた立派な腕。ですが、むくみをとってみたら、「あれ?腕、結構細くなっちゃったね~あれ?胸板も薄くなっちゃった?顔もスッキリしたし、ふくらはぎもプルプルになったね~」。むくみケアをしていたら、もっと効率的に筋肉量が増えていたかもしれません。むくみが筋肉の収縮運動を邪魔しますからね。

ブーツを買う時に、足が太くて…とサイズの大きい筒を探しているあなた。もしかしたらそれは「むくみ」かもしれませんよ~。

ところで、「女性や高齢者は筋肉量が少ないのでむくみやすい」だから「ふくらはぎの筋肉を鍛えて、筋ポンプを機能を高めましょう」というような情報を目にしますが、

まずは筋肉をうまく使うこと!が重要
女性は、ハイヒールやブーツ、おしゃれ重視の安定感のない靴を履くことで、歩行時に足を蹴るという動作が小さくなります。足首をロックし、足首の曲げ、伸ばしの可動範囲が少なくなります。高齢者も、歩幅が小さくなるので、同じような状態になります。

また逆に「むくみ」があるから、筋収縮が十分にできないという現象も考えられますね。

関節をまたぐ筋肉をしっかり動かして、関節付近の滞りを改善することが、むくみケアの第一歩。そこで簡単にできるむくみケアをご紹介します。毎日コツコツやれば、徐々に変化してきますよ~。

1)状態を把握する
座った状態で、手を使って、足、腕、首など、今の張り感やむくみの状態などを把握しましょう。ケアを実施した後の状態と比較し、どの程度改善するか確認しましょう。

2)足(下半身)のむくみ ※全部できないときは、足首だけでも。
●足首
靴を履いて立ち、つま先を立てて足首をグルグル回す(つま先が保護されてるスニーカーなどが良特におススメ)。時計回り、逆回り、両方してください。
もしくは床にすわり足を伸ばして、片方の足首をもう片方の足首にのせて回す(この時足の指と手の指を組むとさらに効果的)。

もしくは仰向けになって足を宙に浮かせ振ってみる(なるべく前後左右大きく)でもOKです。

●股関節
椅子に膝を閉じたり開いたりして、太腿を動かす。なるべく股関節を大きく開いてください。もしくは、床に座って足の裏をくっつけて、膝を上下にパタパタさせる。

●膝
立って両膝に手をついて、膝を屈伸したり、回したり。

3)手・腕(上半身)のむくみ ※全部できないときは、手首だけでも。
●手首
上下左右に振ってください。

●肩
なるべく大きく回しましょう。

●肘
肘をもう片方の手で当てて支えます。時計回り、逆回りで回しましょう。

●首
首も時計回り、逆回りに大きく回しましょう。

4)状態を把握する
最後に1)と同じ姿勢でBefore/afterを確認してください。足、腕、首など、柔らかくなっていませんか?むくみがひどいと大きな変化がでにくいので、コツコツやってみてください。

さらにツボを利用したケアを取り入れるともっと効果が高くなりますが、セルフケア講習会や治療を受けに来ていただいた方などに、お伝えしていけたらなと思います。

PS:ただし「むくみ」は重大な病気が隠れていいることもあるので、普段の体調も含め「いつもと違う」と感じたら病院の受診をしてくださいね。