水分補給は食べ物でも

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

明日から3連休。多治見は連日最高気温38度の予想だとか。今年の多治見は暑そうですね。

となると気を付けたいのは熱中症。当院にも汗がでなくてあっちっちの体の方や、おしっこがでない…なんて方も。

とにかく水分補給は、のどが渇いていなくても、こまめにとりましょう。それとミネラル分も忘れずに。

でも、そもそもあまり水分を取れない、水分を取るのが苦手というのも多いですよね。

そういった方は、ぜひ食事に注意。水分補給の補助となる夏野菜の代表格といえば、やっぱり「キュウリ」。キュウリの90%以上は水分と言われていますので、これを利用しない手はありません。

サラダによし、酢の物にもよし、漬物にもよし。そのままキュウリをスティックにして梅などと組み合わせれば、疲れに効果的なクエン酸やミネラルも一緒にとれて、さらにいいですね~。

我が家もご近所さんからよくキュウリをいただくので、浅漬けキュウリが必ず食卓に並びます。

また「キュウリ」には、体のこもった熱を出し、体を冷やす清熱作用があるんですよ。

うちの愛犬さくらも、キュウリが大好物。冷蔵庫からキュウリを取り出しただけで、寄ってきます。キュウリを切っている間は、おこぼれをもらうために絶対に離れません(笑)。

愛犬さくらも、日中あまり水を取らないんです。水をあげても飲まないし、無理やり飲ませることもできません。でもキュウリは必ず食べるので、このキュウリが愛犬さくらの水分補給を確実に助けています。

ということで、栄養があまりないと虐げれらることも多い?キュウリも、人にも犬にも、この夏は大活躍間違いなし!ですね。

 

桜と愛犬さくら

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

我が家の愛犬さくらちゃん。暖かくなってきたので、様子が随分変わってきましたよ~。

毛も短いし、冷え性で寒がりのさくら。洋服も着るのを嫌がるので、いつもそのままで過ごしてます。

基本的におトイレは外。冬の寒い間は、「行きたくない!」といって玄関で前足を踏ん張って抵抗することもしばしば。

でも最近は「行く?」と話しかけると、動きも軽やかに、自ら進んで玄関までスタスタ走り「早く行こうよ~」と言わんばかり。

今日は、暖かくて、桜もきれいに咲いているので、桜と愛犬さくらの写真をお届けしようと、ちょっと長めのお散歩へ。

桜の木の下のベンチで、さくらを座らせて、「さくら~こっち向いて~」と言っても、なかなか思うように写真を撮れせてくれません。でもその中でも撮れた1枚を。さくらに焦点が合ってしまって、ちょっと桜がボケてますが。

散歩の時間も、寒い日は、さっさと用をすませて、すぐに家に戻るのに、最近はあっちに行ったり、こっちに行ったり。家の玄関近くなると、全力で力強く速足になり「まだ、もうちょっと~」と玄関前を通り過ぎて、なかなか家に戻ろうとしません。「さくら、もういいでしょ?早く帰ろうよ~」とこっちが催促。

去年の12月頃から、2階で私のベッドで私と一緒に寝るようになってしまったさくら。冬の間、朝はお寝坊で、ベッドからなかなか出てきません。「さくら起きるよ~下に行くよ~」と言うと、「うぅ~~~」と怒るので、そのまま置いてくると、しばらくして、のそのそと2階から降りてきていました。

でも最近は早起きに。私を起こすことなく、一人でさっさと1階へ。冷たいやつです(笑)。本当にマイペースな犬なんですよね~。

 

戌年だワン!最近の愛犬さくら

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

色々書きたいことがたくさんありますが、戌年が始まりましたので、最近の愛犬さくらの様子を。さくらももうすぐ10歳です。さくらは、チワワとパグのミックス犬で、毛が短く、寒いときはブルブル震えています。とっても冷え性で、冬は暖房の前か毛布にくるまっています。

昨年の11月、両親の部屋のリフォームをする間、両親はリビングで寝ていました。リビングには、さくらのゲージがあり、さくらはその中で寝ていたのですが、両親が近くで寝ているので、「出して~出して~」と粘り強く夜中鳴くのです。仕方なく出してあげたのが始まり。両親の布団で一緒に寝る生活が始まりました。そりゃ~ゲージの中より、布団の中の方が、ずいぶん温かいですよね~。

両親がリビングから撤退し、各自の部屋に戻って寝るようになり、数日間は、両親のどちらかのベッドに潜り込んで寝ていたのですが、ある時から、2階にいる私の部屋に飛んでくるようになりました。私が2階に行くと、一緒についてきて、そのまま私のベッドに居座ります。私がお風呂やトイレに下に降りて行っても、知らんぷり。

最近は、さくらは夜眠たくなると、早く2階に行きたいのか、私の行動を監視、じーっと私を見つめています。私がトイレに行くと「2階行くの?」とついてきますが、トイレに行くのを見届けると「まだか~」と残念そうに戻っていきます。そんなさくらに監視されている私は、さくらの目を盗み、そ~っと2階へ行くのですが、私の気配がないことに気が付くと、2階へ飛んできます。

こんなことも。私が2階に行こうとすると、さーーーっと一目散に2階へ。私が数段階段を登った後に、「あっ忘れ物」と引き返えすと、すでに2階のベッドにいるさくらは、「あれ?来ない?」と、また1階に降りてきて私を探します。

忘れ物を取って、再び階段を登り始めると、今度は「騙されないぞ~」と、一人でさーーーっと2階へは行かず、数段登っては振り返り、私がついてきてるのを確認しながら2階へ。おりこうさんです(笑)。

ということで、最近はさくらにベッドを占領されて、小さくなって寝ている私でした。きっと温かくなるまで続くんだろうなぁ~。普段はマイペースで、食べ物がないと寄ってこない犬。まあこのツンデレが、かわいいですけどね。

トラック探知犬さくら

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

今日は、我が家の愛犬「さくら」を紹介したいと思います。お父さんがチワワ、お母さんがパグのミックス犬、9歳です。「さくら」という名前は姪っ子が命名しました。我が家では毎日「さくら!!」「さくら~」と良くも悪くも一番呼ばれてる名前ですね。

とってもマイペースで、人懐っこい犬です。家を訪問してくる人も大好き。宅配便や生協のトラックが家の前の通りに入ってくると、「来るよ~」と玄関まで行ってワンワン吠えています。

実は9月末に少し軽いギックリ腰と発熱で2日ほど体調が良くなかったのですが、この日の朝、母に頼まれていた生協の受け取り時間をすっかり忘れていました!しかし「さくら」が何やらワンワン玄関で吠えています。「あ、そうだ、忘れてた!生協」と慌てて、2階から1階に降り、玄関を開けると生協のトラックが到着していました。さくらのおかげで間に合いました。ありがとう~、さくら。

そして次の日は、宅配便。宅配便のトラックが家の前の通りに入って来たころ、さくらがワンワン吠え始めました。「あれ?もしかしたら家に来るかな?」と、腰痛と発熱であまり機敏に動けなかったので、念のために1階に降りていったら、「ピンポン~」と玄関の呼び鈴がなりました。またまた、さくら、ありがとう~。

「トラック来るよ~」と教えてくれる、トラック探知犬、さくらです(笑)。

ミックス犬ですが、体つきは少し大きいチワワという感じ。ジャンプ力があるので、高い椅子や少し高いベッドでもジャンプ!もちろんそこからも飛び降ります。階段もスタスタ登ったり、下りたり。たまに一人で2階に遊びに行ってます(笑)。足腰に悪そうです。あと耳や足先が冷えてます。この時期になると、毛布にくるまったり、温かい所に行って日向ぼっこをしますね。よく人を見上げるので、首も疲れるみたい。そんなこともあってか、足や腰、首に悪いエネルギーが溜まることがあります。(えっ?悪いエネルギー???って??? このお話はまた別の機会に…)

足や腰、首などは、手のひら全体で触ってあげます。そう、ただ触るだけ。でも「良くなれ~、悪いもの流れて~」というイメージで。たまに怒られるときもあります。でもそんな時は「あっ、やっぱり良くないかな?」と思います。冷えのある耳や足は、少し温かくなるまで擦ります。こんなちょっとしたケアでも循環が改善します。ペットも人間も同じです。ペットとのふれあう時間に少しだけ「良くなれ~」というイメージをもって、手全体で触れたり、擦ってあげてくださいね。

今後もたま~に、さくらが登場します!