春一番~頭痛・めまいの警戒シーズン~

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

今日から3月。昨日の夜、雨風がすごかったですね。いよいよ春の訪れを実感できるようになりましたね。でも私には実はこの3月の上旬は、危険なシーズン。

そう、春一番が吹くころ勃発する、ひどい片頭痛が理由。気圧や温度の変化などの気象性の片頭痛をお持ちの方で、私と同様、この季節が一番つらい!!ひどい!!という方も多いのではないのでしょうか。

私の場合、一日で良くなることが、ほとんどですが、この日ばかりは、鎮痛剤を飲まずにはいられません。頭もガンガン、さらに三叉神経を刺激して、目の奥までズキンズキン、自然に涙目になります。ここ数日、横になると、耳の近くでドックンドックンと拍動を強く感じることが数回。注意信号が出てきましたよ~。

最近の研究では、体の平衡感覚をつかさどる内耳には、気圧の変化を感知し、脳に信号を送るセンサーがあるとのこと。気圧の変化で交感神経が興奮して血管を収縮。そしてその反動で拡張が起こり、神経が刺激され痛みが発生するとか。実はこれは「乗り物酔い」のメカニズムもよく似ているそうです。そのため気象の変化による片頭痛の予防に「酔い止め薬が効果的」とも言われています。

東洋医学では、「春」が配当されている五行は「木」です。そしてこの「木」に配当されている臓は「肝」、配当されている自然界の外邪(じゃ)は「風」。

つまり、この春の季節。春先は、春一番といわれる風に代表されるように強い風が吹きます。春に配当されている外邪「風の邪=風邪(ふうじゃ)」が「肝」を乱します。「肝」は「気」を全身にめぐらすとういう働きがあり、自律神経と深い関係があります。風邪によって「肝」が乱れると、自律神経が乱れます。そして「陽」の性質、軽くて上昇しやすい風邪は、頭痛やめまいなど、上半身に症状を引き起こしやすいという特徴があります。東洋医学から考えると、この春に片頭痛がひどいというのも納得できるんですね~。

ということで、本来なら温かく気持ちの良い春。頭痛やめまいなどから解放され、心身ともに良い春を迎えるための、使いやすいおススメのツボをご紹介。ぜひセルフケアに取り入れてください。

「内関(ないかん)」:乗り物酔いに効果的なツボ。気象性の片頭痛に「酔い止め薬が効果的」と上で紹介しましたが、いやいや、薬に頼るなんてもったいない。このツボをぜひ使ってください。今から毎日ここを指で刺激するもよし、お灸を使うもよし。

「中渚(ちゅうしょ)」:片頭痛を感じるならこのツボを。手の甲の薬指と小指の間のみずかきから手首側に向かって骨を超えた所にあるくぼみの所。手のツボなので、いつでも簡単に押せるのでおススメ。

 

 

冷え性~あなたの冷えは?東洋医学編~

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

昨夜から「あれ雪?」というぐらいのパラパラ降っていた雪。今朝起きたらうっすら積もって、今も少し舞ってますね。う~寒いです。衣服やカイロなどをうまく使って冷え対策してくださいね。

さて前回は、西洋医学の視点から「冷え」を見てみました。今回は東洋医学の視点から見ていきます。

東洋医学は、昔から「冷えは万病の元」と言い、「冷え」の状態は病気につながるとして、重要視していました。東洋医学には、「陰」と「陽」という考え方があり、そして東洋医学の生命活動を営む上で重要な構成要素「気=エネルギー」、「血(けつ)=血液」、「津液(しんえき)=水分」があります。

「気」は「陽」に属す
「気=エネルギー」と表現することが多いですが、実際にはもっと奥深いものがあり、それがまた分かりにくさに繋がっています。その奥深さは、私達が日頃から使っている漢字から感じ取ることができます。それは「気」の漢字を持つ言葉。「天気」、「気候」、「蒸気」、「元気」、「気配」、「気力」、「気合」、「殺気」などなど、これらの漢字から感じる「気」は、東洋医学で意味する「気」でもあります。なんとなく感じていただけましたか?「気」にはいくつかの種類があるのですが、今回はこの部分は省略します。この「気」によって起こる「冷え」があります。

「気」は、

1)推動作用:成長や発育、生理活動、新陳代謝に関連し、血や津液を全身に巡らせる
2)温煦作用:臓腑や器官などの組織を温め、体温を保持する
3)防御作用:体表で外邪の侵入を防御する
4)固摂作用:血、津液などをつなぎ留める、血が脈の外へ漏れ出さないようにする
5)気化作用:精から気に、気から血や津液に、津液が尿や汗に、変化させる

とういう働きがあります。気が不足すると「気虚」という状態に、1)~5)の作用が低下します。2)温煦作用が著しく低下すると「陽虚」の状態となり、全身に血や津液を巡らせることや、体温調節が難しくなり「冷え」を生じるのです。

「血(けつ)」、「津液(しんえき)」は、「陰」に属す
「血(けつ)=血液」は、津液と「気」の中の「営気(えき)」で作られ、脈中(血管)を流れて、四肢や臓腑を潤します。「津液(しんえき)=水分」は、体内の飲食物から分離した水様のもので、唾液、涙、鼻水、汗、尿なども含まれます。この「陰」によって起こる「冷え」があります。

「不足」の場合
血が不足した状態を「血虚」といい、「血」や「津液」の「陰」が不足した状態を「陰虚」といいます。
この「陰」の不足によって、熱が体内で偏り、全身に熱をすみずみまで届けることが難しくなります。「血」が不足するのは、「血」を作り出せない場合(消化器系の不調や栄養の偏り)、「血」の消耗が激しい場合(体力の消耗)があります。「私、水たくさん飲んでるんですけど…」という方が「陰の不足」であるとき、「あるべきところになく、なくていいところにある」場合があり、代謝や循環の悪さが考えれます。

「滞り」の場合
「血」の滞りは「瘀血(おけつ)」といい、「津液」の滞りは「水毒」といいます。いずれも「血」もしくは「津液」の循環不良や滞りの状態です。
この「陰」の滞りによって、停滞した「陰」により「冷え」が生じます。また「血の滞り=血(おけつ」では、痛みを伴うこともあります。「陰の滞り」は「気」の1)推動作用の低下が関係していることもあり、「気」の不足やストレスなどによる「気」の乱れによって引き起こされることも多いです。

さて、どうでしたか?あなたはどのタイプかわかりますか?ちょっと難しいかもしれませんね。

用語は違えど、西洋医学の考え方と似ている部分もありますし、西洋医学にはない東洋医学独特の部分もあります。「気=エネルギー」、「血(けつ)=血液」、「津液(しんえき)=水分」という東洋医学的な構成要素が、「冷え性」に大きく関係していること、そして「何が?」、「どのような状態なのか?」によって、あなたの「冷え性」のタイプがわかります。

PS:当院のロゴマークにある3つの丸の白い丸は「気」、塗りつぶしの丸は「血」「津液」を表現しています。

冷え性~あなたの冷えは?西洋医学編~

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

先日ホットヨガを始めます!というブログを掲載しましたが、ホットヨガスタジオのインストラクターの方が「私、冷え性で、60分のクラスをやってもまだ足先が冷たいんです…」と。また先日仕事の関係で当院に来た女性も、足先用のカイロを貼っていました。寒くなりましたからね、外出すると手足は冷えますよね…鍼灸師の私には、とっても気になるフレーズと光景です。ということで、今回は「冷え性」について。そしてこれから色々な切り口で「冷え性」を見ていきたいと思います。

私自身、子供の頃から「極度の冷え性」に悩んだ一人です。でも私の体の辛さが「冷え性」だとわかるのに20年以上の月日がかかりました。「冷え性」による体の辛さから解放されたことが、鍼灸師になるきっかけの一つでもありました。私にとって「冷え性」はとても大事なことで、これからも追究していきたいテーマです。

そこで今回は「あなたの冷えは?西洋医学編」のお話。

東洋医学では「冷えは万病の元」といって「未病」と捉えられていました。「未病」とは字のごとく、まだ病気ではないが、病につながる状態。西洋医学では、「冷え性」は病気ではないため、存在すらしませんでした。しかし西洋医学の分野でも「冷え」の研究がすすみ「冷え性」という言葉が日常的に聞こえてくるようになり、「●活」という言葉の流行とともに「温活」という言葉も生まれました。そう、私の「冷え性」がわからなかったのには、こういう経緯があったからとも言えます。

今回タイトルにもあるように、西洋医学的な視点から「冷え性」を見ていきます。最近「冷え」を次のようなタイプに分けているのを見かけます。

①手足(四肢末端)の冷えタイプ:過剰な血管収縮により発生する冷え
②内臓の冷えタイプ:自律神経が乱れが大きく関係している冷え
③下半身の冷えタイプ:下半身の血行不良により発生する冷え
④全身の冷えタイプ:代謝の低下、低体温により発生する冷え

さあ~、あなたはどのタイプですか?

これはあくまでも大きく分類しただけなので、この4つのタイプに当てはまらない方、複合タイプの方もきっといると思います。「分からない」という方もいると思います。そして、実は「冷えていない」のに、「冷えている」と感じている方もいらっしゃるんですよ。

では、そもそも西洋医学的に見た場合、「冷え」に係わる生理的に重要なことは何でしょうか?脳(視床下部)には体温調節中枢があり、皮膚で感知した外気温の変化情報を受け取り、体の深部温度を一定に保つように調節しています。上の4つのタイプを考えた時、体温調節に特に重要なのは、1)産熱と放熱、2)血液、3)自律神経が考えられます。

1)産熱と放熱

体熱は、体内で物質を合成・分解=つまり代謝、そして筋肉の運動、食後の消化運動などによって発生します。外気温や、接している物などが体温より低いと、体熱は冷たい方へと伝わり、体熱が奪われやすくなりますが、皮膚血管を収縮させ、皮膚血管を流れる血液量を減少させて放熱を抑制、そして深部温度を保つために熱を深部へと集めます。

つまり、産熱量が少なければ「冷え」を生じますし、放熱が多ければ「冷え」を生じます。

2)血液

血液の働き重要な役割の一つに「体熱の運搬」があります。つまり血液の流れが悪ければ、体熱の運搬が滞り「冷え」が発生します。

3)自律神経

血液は、心臓から送り出され、血管を通り運搬されます。心臓と血管の調節には自律神経が関与しています。つまり自律神経の乱れは、体熱の運搬を阻害する要因となります。

「冷えを克服」するためには、自分の冷えについて知ることが大事です。「どこが」「どのようなに」「どのようなときに」が重要です。ご自身の体調によっても左右されます。天候や時間帯なども影響していることもあります。そうすると、1)産熱と放熱、2)血液、3)自律神経のどれが大きくあなたの「冷え」に関与しているのかが見えてきます。

たとえば、1)産熱が少ないのであれば、着込んだり、外から温めるだけでは「冷え性」を根本的に改善することはできません。産熱できる体作りが大切になりますね。まず自分の冷えは「どのタイプ」で「体温調節の何に問題がありそうなのか」を探ってみましょう!

来た!多治見にホットヨガ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

今日は「私のお気に入り」の話。

30代の半ば、過酷な仕事・出張が度重なり、消化器や排泄機能があっという間にダメになり、改善するために始めた一つがホットヨガ。週に2回程度を5年ほど続け、体調も随分改善しました。その後生活環境の変化で続けることが難しくなり5年ぐらい。2017年春に多治見に戻り、運動不足を解消したい!とまず探したのが、ホットヨガ。でも多治見にはホットヨガスタジオがなかったんです…残念。

12月。家のポストに「ホットヨガスタジオ LAVA 多治見店 10月31日オープン」のチラシが!東京にいた時は、LAVAではないところに通ってましたが、さっそく体験レッスンの予約を…と、ちょっと待った!以前ホットヨガをやっていたころより、かなり太ってしまいまして(笑)…まずはヨガウェアをゲットしないと。ということで、土岐プレミアムアウトレットへ行ってきました。いや~、アウトレットが近くにあって助かります。

体験レッスンは、ヨガのポーズは少なめでリンパの流れを改善する「リンパリフレッシュヨガ」を受講。5年以上やっていないので筋力は落ちて、その代わりにお肉がつき、以前のようにポーズをとれません(笑)。腹筋が必要なポーズの時には、ブルブルしてしまいましたし、足を抱えたり、体を捻じったり、お腹の肉が邪魔をしてう~手が届かな~い(笑)…

ホットヨガが好きな理由。まずヨガ。簡単そうに見えるポーズでも、結構辛く、それなりに筋力とバランス力が必要です。気持ちを落ち着かせて意識を体に向け、体や自分自身を知ることができ、心身ともにバランス良い体作りができること。そう私には、交感神経を高ぶらせて行うスポーツより、静でありながら、体を作るヨガがあっているのです。

そしてホットであることで、固まった体でも最初から動かしやすい。さらに動かしやすくするために、レッスン開始5~10分程度前からスタジオ内で過ごすと、体の動きがさらに良くなりパフォーマンスが上がります。そしてなんといっても大量の汗をかき、むくみが軽くなり、スッキリするのがいいですね。ということで、これからホットヨガライフを再開してみます!

ヨガはインド発祥。でもホットヨは、アメリカ発祥で、インドの高温多湿な気候環境をスタジオで再現し行ったのが始まりとか。ホットヨガのスタジオは、室温38℃前後、湿度60%前後に設定され、その中でヨガのポーズをとっていきます。ネット上では、ホットヨガは良い?悪い?なんて記事を見ますので、ご参考までに私がホットヨガをする際に気を付けていることをいくつか。

①無理をしないこと:高温多湿の環境に最初から慣れない人、その日の体調によっても良い悪いがあります。呼吸が苦しかったり、クラクラしたり、調子が悪い場合は、無理をせず、その場で休むかスタジオから退出。スタジオ内の場所にも注意します。温度や湿度は場所によって少し差があるので、自分が過ごしやすい場所を見つけるのもポイント。

②水分をしっかりとること:レッスン中に先生から汗と拭くことと、水分をとるタイミングを与えられるので、その時には必ず取る。私は人より汗が出る方なので、私はそれ以外の時にも、汗を拭き、水分をとっています。

③レッスン後の温度差に気を付ける:レッスンが終わった後は、慌てて帰えらず、少しゆったり身支度して汗が引くのを待って外に出るぐらいの余裕があった方がいいですね。風邪予防や、激しい寒暖差による自律神経の乱れを防いでくれます。

この体験レッスンで私の自身の体で東洋医学的に少し気になったことを一つ。
レッスン最後の屍(しかばね)のポーズの時、先生が骨盤を揺らしてくれたのですが、その時お腹がチャポチャポ鳴りました。これ「胃内停水」といいます。水の代謝が悪い時に起こります。喉の奥に水が溜まっている感じもあるし、そういえば最近トイレの回数も少ないかな?水の循環と管理がうまくいっていないようです。実は最近ちょっと、夜ご飯以外に、おつまみとビールが多かったかも…と反省。冷たいビールからを温かいアルコール(でも飲むのかい!)に変えて、水の代謝を良くするために肺と腎の機能を高めるツボにお灸でもしてみましょうかね~。

今後も「私のお気に入り」をブログで公開していきますね。

 

※施術効果は個人差があります。