初めて体験教室を開催!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

4/15(日)に体験教室を開催し、3名の女性の方に参加いただきました。体験教室は、「東洋医学・鍼(はり)・灸(きゅう)をもっと身近に」をテーマに、東洋医学のこと、鍼(はり)・灸(きゅう)を知ってもらうための入門編として毎月開催する予定で、今回初めての開催。

まずは、東洋医学の基本的なお話。東洋医学のことを全く知らない方に、説明することの難しさをしみじみ実感しました。独特の世界観があったりするので、その感覚をお伝えするのが難しいです。

きっと一度聞いただけは「???」かもしれませんが、「気・血・水」「陰陽」「五行」という考え方があるということを、少しでもご理解いただけたらなぁ~と思います。

皆さんのお顔の様子を伺いながら、わかりにくいかな???と思いながら説明していましたが、「奥が深くて興味が湧きました」とのご感想もいただくことができました。

私がこの体験教室を開催した目的は、東洋医学について、知ってもらいたい、興味をもってもらいたいという思いからなので、うれしい反応をいただけて良かった~。

東洋医学の説明の後は、実際、ご自身でもツボを探してもらいながら、鍼(はり)・灸(きゅう)を体験していただきました。

片足だけに2か所ほどツボをお灸で刺激した後、立っていただき足踏みをしていただくと、お灸をした片側の足だけ軽くなるのを実感。たった2つお灸をしただけなのに「なんとなく違いますねぇ~」と不思議なご様子でした。

「これからの生活に役立ちそうなので、実践してみたい」とか、「セルフケアで使えそうなツボを教えてもらったので、やってみたい」とか、自分でお灸をしたことがあった方はお灸がきいているのか半信半疑だったけど続けてみたい」というコメントもいただけました。

予定は2時間でしたが、3時間近くになってしまいました…が、皆さん、ご満足いただけたようで安心しました。そして、開催して良かった~、そして、この活動を続けていきたいなぁ~と思いました。

これからも毎月1回のペースで開催しますので、興味のある方はぜひご参加ください。体験教室の詳細はこちら>>>

くるんと回れ!~逆子治療~

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

31週に入った出産が初めての30代の妊婦さん。31週目の検診まで赤ちゃんは逆子の状態で、33週目の検診で逆子のままなら、帝王切開の手術日を決めましょうと言われ、できれば帝王切開ではなく、自然分娩したい!ということで、慌てて色々調べ、鍼灸が逆子に良いと来院。

逆子が問題になるのは、28週の頃から。そして28週~33週ぐらいが回転する率が高いと言われ、逆子の鍼灸治療を受けていただくのも28週ぐらいからがベストと言われています。

逆子の要因として一般的に言われているのが、①臍帯が絡んている、②双角子宮、③筋腫がある、④羊水が少ない、⑤臍帯が短い、⑥腹部緊満感など。担当医からは、逆子の要因について、「特に何も言われてません…」ということでした。

まずお体の状態を伺うと、2か月~6か月ぐらいまでつわりがひどく、妊娠前から体重は4㎏増。最近足が冷えて、夜に足が3~5回つってたびたび起きて寝不足気味。。欲は普通にあるが、胸が圧迫されている感じで、食べた後に気持ち悪くなる。便秘もひどく、お腹も張る。そして今も仕事は続けている。とのこと。

そして触診。お腹を触ると、なんと、カチカチのパッツンパッツンです。色も全体的に浅黒いです。そして鼠径部付近もパンパンで、足の方への循環が阻害されている感じです。

1回目の施術が終わると、カチカチだったお腹に1㎝ぐらい弾力がでて、柔らかくなりました~。そして胸のつかえが良くなり、体全体も楽になったご様子。「え~、体ってこんなに楽で、お腹ってこんなに柔らかくなるんですね~」と。そうですよね、初めての経験ですからね、普通がわからないですよね。担当医からもお腹がすごく張ってますね…とも言われていないようでしたし…

逆子の治療は短期決戦なので、2回目もあまり間をおかずに、4日後に来院いただくことに。そしてその間、ご自宅では台座のお灸を至陰、三陰交、湧泉に、あと足の指股の刺激を、毎日やってもらうようにお願いしました。

2回目の来院時、とにかく良く眠れた。足もつらなかったと。それは良かったですね~。そしてびっくりしたのがお腹。前回の治療直後1㎝だったお腹の弾力が、違う人のお腹と思うぐらい、お腹全体と鼠径部がものすごく柔らかくなってましたよ。ご自宅でも頑張りましたね。これなら赤ちゃんもフカフカのベッドで気持ちが良くなり、動きやすくなったと思いますよ。

この状態で逆子体操も頑張って。病院で教わった逆子体操、「なんでこんな体操するんだろう~」なんて思っていたようです。四つん這いになると赤ちゃんの重みと重力でお腹が下に下がり、お腹の中にスペースができやすくなりますよね。そのスペースで赤ちゃんが動きやすくなります。でも今までは、そもそもカチンカチンのお腹だったから、ほとんどスペースができなかったと思いますが(笑)。これだけ柔らかいお腹になれば、お腹が下に伸びやすくなりますからね、お腹のスペースができやすくなりますね!

そして2回目の治療後、逆子の原因を探るために現在提供準備中の五行音叉を使って調べてみることに。ご主人にも手伝ってもらって、お母さんと赤ちゃんのパートナーセッションをしてみました。

お母さんからは「金」、赤ちゃんからは「木」のエネルギーに問題があるという結果が。この結果を解釈してみると、「金」は呼吸。う~ん、お母さんとと赤ちゃんの呼吸があってないのかもしれません…そして赤ちゃんの「木」。「木」には、決断という意味があります。「赤ちゃんはまだ世の中に出てくる決心がついていないかもしれませんね~」とお伝えすると、お母さんもご主人もなんだか妙に納得していました…「金」と「木」の音叉を鳴らして終了~。なんか心が落ち着いたご様子で表情が柔らかくなりました。お母さん「なんだか心が楽になりました」と。

音叉は、主に心のリセットをするために取り入れたいと思ってますが、まだ準備段階。たま~にお試しで使っています。これか試用をしながらメニューとしての準備も進めていきますね。

そして3回目の施術の予約の日、お仕事の引き継ぎが終わらないとキャンセルのお電話。そして、その後…パタリと連絡が途絶え…

どうなったかなぁ~、逆子が治ったらそろそろ出産時期なのになぁ~なんて思っていたら、ある場所でバッタリご主人とお会いし、お話を伺うことができました。回転術を試して、逆子は治り、自然分娩で出産となり、そろそろ出産予定。あ~良かった良かった。

鍼灸で必ず逆子が治ると断言することはもちろんできませんが、逆子が治ったというケースも多数報告があります。それだかでなく10か月の長い間の妊婦さんの不定愁訴に、鍼灸はお役に立てますので、ぜひご相談ください。あ、でも受診時にはできれば担当医に一言と相談してください。医療との連携がもっと良くなるといいなぁ~と願いつつ。

 

※施術効果は個人差があります。

やばいバランスのポーズ…中殿筋を鍛えなきゃ!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

昨年12月から週に1回~2回程度、ホットヨガを再開して約3か月。5年もやっていなかったので、最初は体を慣らすためにやさし~い強度のクラスから開始。最近はヨガの基本となるポーズがたくさん盛り込まれているコースに主に参加中~。

5年前の状態と比較すると、前屈の柔軟性は以前の8~9割程度はキープできてます。1~2割減にはお腹の肉の邪魔も入ってます(笑)。開脚前屈は、足の開き100°~120°位で、肘が床になんとかつきます。5年前と比較するとこのぐらいでしょうかね、状態を唯一キープできていたのは。でも昔、ヨガを始めた頃は、開脚も90°程度で、体を前に倒すなんてとんでもない、座っているだけでも大変だったんですよ~。お腹がぺた~っとつくぐらいの柔軟性を手に入れたいですが、その目標までには、まだまだ道のりは遠そうです。

その他は、5年前と同じレベルになるためには、まだまだ長~い道のりです。その中でも、かなり改善しなければと思うのがいくつか。

まず1つ目は、もう少し痩せることですかね(笑)。体力・筋力ともにもちろん落ちているのに、お肉はついてますからね~。1つ1つのポーズがとりにくいです。ヨガのポーズは単純ですが、単純なポーズだからこそ、自分の体の動き、姿勢、呼吸を意識することが大切。ただ立つだけの山のポーズでも、インストラクターに誘導される姿勢のポイントと、いつもの自分の姿勢との相違点を見つけることで、普段の姿勢の改善につながります。

でも最近、気のせい?か少しだけお腹がスッキリした感が…脇腹のお肉が減ったせいか?柔軟性が良くなってきたせいか?捻じり系のポーズは少しやりやすくなった気がします。でもあまり気合を入れすぎず、力を抜いて、痩せたらいいな~程度に頑張ります。

そして2つ目。肩周囲の可動性の悪化。太ったこともありますが、それ以外にもむくみ、肩甲骨や腕の可動域の悪さが気になります。40代、50代になると、四十肩、五十肩という言葉があるように、肩周辺のトラブルが起こりやすくなります。最近肩・首こりはあまり感じなくなりましたが、この動きの悪さは何とかしないといけませんね。

そして3つ目は、片足立ちするバランスのポーズがやばいです。木のポーズ、弓のポーズ、鷲のポーズなどなど、ヨガには片足立ちするバランスのポーズがありますが、やばいです、全然できなくなってます。5年前はそれなりにできてたんですが…特に右足立ち。元々私は腰痛が右に出ることが多く、右をかばうこともあり、右足立ちが苦手です。

そう、そして今日はこの3つ目のポーズに大切な筋肉をご紹介。もちろん体幹も大事なのですが、今日ご紹介したいのは、お尻の横についている「中殿筋(ちゅうでんきん)」。人は、歩いているときにも一瞬片足立ちになっています。そしてこの一瞬の片足立ちの姿勢を保つのに大事なのが「中殿筋(ちゅうでんきん)」です。日常生活においても、とっても大事な筋肉なんです。

片足立ちのポーズにもこの筋肉は重要な役割を持っています。この筋肉が働かないと、骨盤が片足立ちをしている足の方向にスライドしてしまいます。さらに体幹も弱いとなると、膝下の横についている筋肉(長腓骨筋や短腓骨筋)に負担をかけてしまうことがあります。私も少し無理をしてしまい、この膝下の筋肉を傷めてしまいました…

こんな時はまず、お尻の筋肉を意識して、無理に片足立ちせず、反対側の足を軽く地面につけていてもいいので、中殿筋に意識を向けることから始めます。徐々に慣れてくると、お尻の筋肉の使い方が分かるようになりなります。ヨガのポーズは無理に行うより、徐々に筋肉の使い方をおぼえていくことでより良い、安定したポーズが取れるようになると思います。できるようにになったら徐々に強度を深めていきましょう~。

あと、活躍していない筋肉は鍛えるのも大事ですが、きちんと血液を循環させてあげることも大事。血液がきちんと循環すると筋肉が動けるようになります。そうするだけで、働きは良くなるんです。治療後に血液循環が良くなるだけで、片足立ちも安定するようになります。凝り固まった、縮まった、硬い筋肉を柔らかくしてあげるのも大事です。

「鍛える」と「緩める」をバランスよく行ってくださいね。

春一番~頭痛・めまいの警戒シーズン~

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

今日から3月。昨日の夜、雨風がすごかったですね。いよいよ春の訪れを実感できるようになりましたね。でも私には実はこの3月の上旬は、危険なシーズン。

そう、春一番が吹くころ勃発する、ひどい片頭痛が理由。気圧や温度の変化などの気象性の片頭痛をお持ちの方で、私と同様、この季節が一番つらい!!ひどい!!という方も多いのではないのでしょうか。

私の場合、一日で良くなることが、ほとんどですが、この日ばかりは、鎮痛剤を飲まずにはいられません。頭もガンガン、さらに三叉神経を刺激して、目の奥までズキンズキン、自然に涙目になります。ここ数日、横になると、耳の近くでドックンドックンと拍動を強く感じることが数回。注意信号が出てきましたよ~。

最近の研究では、体の平衡感覚をつかさどる内耳には、気圧の変化を感知し、脳に信号を送るセンサーがあるとのこと。気圧の変化で交感神経が興奮して血管を収縮。そしてその反動で拡張が起こり、神経が刺激され痛みが発生するとか。実はこれは「乗り物酔い」のメカニズムもよく似ているそうです。そのため気象の変化による片頭痛の予防に「酔い止め薬が効果的」とも言われています。

東洋医学では、「春」が配当されている五行は「木」です。そしてこの「木」に配当されている臓は「肝」、配当されている自然界の外邪(じゃ)は「風」。

つまり、この春の季節。春先は、春一番といわれる風に代表されるように強い風が吹きます。春に配当されている外邪「風の邪=風邪(ふうじゃ)」が「肝」を乱します。「肝」は「気」を全身にめぐらすとういう働きがあり、自律神経と深い関係があります。風邪によって「肝」が乱れると、自律神経が乱れます。そして「陽」の性質、軽くて上昇しやすい風邪は、頭痛やめまいなど、上半身に症状を引き起こしやすいという特徴があります。東洋医学から考えると、この春に片頭痛がひどいというのも納得できるんですね~。

ということで、本来なら温かく気持ちの良い春。頭痛やめまいなどから解放され、心身ともに良い春を迎えるための、使いやすいおススメのツボをご紹介。ぜひセルフケアに取り入れてください。

「内関(ないかん)」:乗り物酔いに効果的なツボ。気象性の片頭痛に「酔い止め薬が効果的」と上で紹介しましたが、いやいや、薬に頼るなんてもったいない。このツボをぜひ使ってください。今から毎日ここを指で刺激するもよし、お灸を使うもよし。

「中渚(ちゅうしょ)」:片頭痛を感じるならこのツボを。手の甲の薬指と小指の間のみずかきから手首側に向かって骨を超えた所にあるくぼみの所。手のツボなので、いつでも簡単に押せるのでおススメ。

 

 

そろそろ~鼻症状の花粉症対策~

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

今日は花粉症のお話。東海地方では、スギ花粉のピークは3月上旬~中旬、ヒノキのピーク4が月上旬~中旬頃だとか。岐阜県は昨年に比べてやや多いと予想されているみたいですね。

保険適用となったので「舌下免疫療法」を取り入れる方も多くなったかもしれません。アレルギーの原因物質(アレルゲン)を含むエキスを舌下に投与し、体内に少しずつアレルゲンを吸収させ、アレルギー反応を抑えていく方法。秋頃から開始するのが望ましいと言われています。ということで、これから来るスギ・ヒノキの花粉症対策には間に合わない…。

実は私もスギ花粉アレルギーを持っています。10年程前に、軽めの帯状疱疹をしたことがあり、その時先生からアレルギー検査を進められ、環境系のアレルギー検査をしました。そしたらあらびっくり、スギ花粉アレルギーがあるじゃありませんか。アレルギーレベル5段階の「レベル3」。

余談ですが、これ以外に、ゴキブリ。これはゴキブリの油だそうです。そして蛾。これは蛾の粉だそうです。驚きました。そんなものを持っていたなんて…この子達とあまり接しない、いや接したくないので、アレルギー反応を起こすこともないと思いますけど(笑)。

さてさて話を花粉症に戻して。スギ花粉アレルギーがあること、びっくりした理由は、症状がなかったから。あえて言えば、花粉症の皆さんが今日はたくさん飛んでてきつい!といった日などに、そういえば、今日は目が少ししょぼしょぼするかな~程度なんです。そう、アレルギーを持っていても症状が出にくい人もいるんですよ。

花粉アレルギーの症状が鼻に出る方、それ以外にも鼻炎の方、副鼻腔炎の方など「鼻」に悩みを抱えている人は、小鼻の横当たりから頬骨の下の頬骨に沿って、リンパの流れが悪く、しこりのような硬さがある方が多いですね。ツボでいうと、迎香(げいこう)、巨髎(こりょう)、顴髎(けんりょう)のあたり。骨の硬さじゃありあませよ~(笑)。左右を比較すると、鼻がつまりやすい方、鼻水がよく出る方が、より硬い場合も多いです。

ここのリンパの流れを良くして、しこりのような硬さを改善すると、鼻づまりや鼻水の状態が改善されることがあります。先日も鼻水・鼻づまりの方がいらっしゃっいましたが、2回目にご来院いただいた時、「そういえば、鼻水・鼻づまりが良くなってます。鼻をかむ回数が減ってます」と。ただ、この部分だけでなく、リンパが流れていく経路の先で渋滞していると、流れにくくなってしまうので、全体の流れを良くしていく必要ですが…。

鼻とリンパなどの水分の循環。この2つに関係しているのは、東洋医学では「肺」なんです。水分の循環は「へ~」って感じですよね。東洋医学では「肺」が全身に水を散布する役割があると考えているんですよ。

鼻症状を抑える自分でできるセルフケア

症状を緩和するためには、迎香(げいこう)、巨髎(こりょう)、顴髎(けんりょう)周辺の頬骨の下の流れを良くすることが大事です。頬骨の下の硬いところに人差し指・中指・薬指の3本の指の腹をあてて、上に持ち上げてキープ。1か所1分位。気になる場所がまだあれば、指を移動させてまたキープ。これだけで頬あたりの流れが良くなり、柔らかくなってきます。深呼吸とともに行うとさらに効果的です。ぜひ試してみてください。効果が出にくい方は、全身の流れを改善することをお勧めします。そんな時はぜひ当院にご相談くださいね。

 

※施術効果は個人差があります。

 

 

 

 

 

 

来た!多治見にホットヨガ

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

今日は「私のお気に入り」の話。

30代の半ば、過酷な仕事・出張が度重なり、消化器や排泄機能があっという間にダメになり、改善するために始めた一つがホットヨガ。週に2回程度を5年ほど続け、体調も随分改善しました。その後生活環境の変化で続けることが難しくなり5年ぐらい。2017年春に多治見に戻り、運動不足を解消したい!とまず探したのが、ホットヨガ。でも多治見にはホットヨガスタジオがなかったんです…残念。

12月。家のポストに「ホットヨガスタジオ LAVA 多治見店 10月31日オープン」のチラシが!東京にいた時は、LAVAではないところに通ってましたが、さっそく体験レッスンの予約を…と、ちょっと待った!以前ホットヨガをやっていたころより、かなり太ってしまいまして(笑)…まずはヨガウェアをゲットしないと。ということで、土岐プレミアムアウトレットへ行ってきました。いや~、アウトレットが近くにあって助かります。

体験レッスンは、ヨガのポーズは少なめでリンパの流れを改善する「リンパリフレッシュヨガ」を受講。5年以上やっていないので筋力は落ちて、その代わりにお肉がつき、以前のようにポーズをとれません(笑)。腹筋が必要なポーズの時には、ブルブルしてしまいましたし、足を抱えたり、体を捻じったり、お腹の肉が邪魔をしてう~手が届かな~い(笑)…

ホットヨガが好きな理由。まずヨガ。簡単そうに見えるポーズでも、結構辛く、それなりに筋力とバランス力が必要です。気持ちを落ち着かせて意識を体に向け、体や自分自身を知ることができ、心身ともにバランス良い体作りができること。そう私には、交感神経を高ぶらせて行うスポーツより、静でありながら、体を作るヨガがあっているのです。

そしてホットであることで、固まった体でも最初から動かしやすい。さらに動かしやすくするために、レッスン開始5~10分程度前からスタジオ内で過ごすと、体の動きがさらに良くなりパフォーマンスが上がります。そしてなんといっても大量の汗をかき、むくみが軽くなり、スッキリするのがいいですね。ということで、これからホットヨガライフを再開してみます!

ヨガはインド発祥。でもホットヨは、アメリカ発祥で、インドの高温多湿な気候環境をスタジオで再現し行ったのが始まりとか。ホットヨガのスタジオは、室温38℃前後、湿度60%前後に設定され、その中でヨガのポーズをとっていきます。ネット上では、ホットヨガは良い?悪い?なんて記事を見ますので、ご参考までに私がホットヨガをする際に気を付けていることをいくつか。

①無理をしないこと:高温多湿の環境に最初から慣れない人、その日の体調によっても良い悪いがあります。呼吸が苦しかったり、クラクラしたり、調子が悪い場合は、無理をせず、その場で休むかスタジオから退出。スタジオ内の場所にも注意します。温度や湿度は場所によって少し差があるので、自分が過ごしやすい場所を見つけるのもポイント。

②水分をしっかりとること:レッスン中に先生から汗と拭くことと、水分をとるタイミングを与えられるので、その時には必ず取る。私は人より汗が出る方なので、私はそれ以外の時にも、汗を拭き、水分をとっています。

③レッスン後の温度差に気を付ける:レッスンが終わった後は、慌てて帰えらず、少しゆったり身支度して汗が引くのを待って外に出るぐらいの余裕があった方がいいですね。風邪予防や、激しい寒暖差による自律神経の乱れを防いでくれます。

この体験レッスンで私の自身の体で東洋医学的に少し気になったことを一つ。
レッスン最後の屍(しかばね)のポーズの時、先生が骨盤を揺らしてくれたのですが、その時お腹がチャポチャポ鳴りました。これ「胃内停水」といいます。水の代謝が悪い時に起こります。喉の奥に水が溜まっている感じもあるし、そういえば最近トイレの回数も少ないかな?水の循環と管理がうまくいっていないようです。実は最近ちょっと、夜ご飯以外に、おつまみとビールが多かったかも…と反省。冷たいビールからを温かいアルコール(でも飲むのかい!)に変えて、水の代謝を良くするために肺と腎の機能を高めるツボにお灸でもしてみましょうかね~。

今後も「私のお気に入り」をブログで公開していきますね。

 

※施術効果は個人差があります。

風邪への備え

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

先週は最高気温が30℃なんて10月とは思えない暑さでしたが、今週は天気も悪く11月中旬以降の寒さのだとか。この寒暖差で調子が悪くなる方も多いでしょうね。ご近所の方と話をしていたら、今年はインフルエンザワクチンの入手も難しいとか。そろそろ風邪やインフルエンザに備えも考えたいですね。

私も過去、体が疲れ果てていた時に、インフルエンザに罹ったことが数回あります。風邪やインフルエンザにかからない体調を維持することが大切です。食事や睡眠をしっかりとることはもちろんですが、その他にもこんな方法はいかがですか?

東洋医学では、首元から風邪が侵入すると考えられています。首の近くには、「風」とつく風池(ふうち)、風府(ふうふ)、風門(ふうもん)というツボが存在します。「風」は風邪が侵入する場所を意味しています。また第7頸椎の下に位置する「大椎(だいつい)」は全身の陽気を調節する作用があり、ここが病むと悪寒、発熱などが起こると考えられています。

私も昔、寒くなった時に、ロングヘアからばっさり切ってショートカットにしたら、風邪を引き、その時、髪の毛って温かいんだ…と思いました。それからは寒くなってきてから、ばっさり髪の毛を切るのはやめました(笑)。ということで、首元は襟のついた服やハイネック、スカーフやマフラーなどを活用して温めてあげてくださいね。

そして免疫力アップにおススメなのがハーブ「エキナセナ」。私も最近、寒くなる時期からハーブティーで飲むようにしています。エキナセナ単独で飲むもよし、他のハーブをブレンドして飲むもよし。私は、エキナセナに、風邪予防にも良いビタミンCの爆弾と言われている「ローズヒップ」と、ローズヒップとの相性抜群の疲労の回復を助けてくれる「ハイビスカス」をブレンド。赤い色合いが素敵ですよ。

そしてもう一つ。免疫力アップには「お灸」が役に立ちます。お灸には、白血球やマクロファージを増加させ、防衛能力や免疫力をアップする作用があります。市販されているせんねん灸などの台座があるお灸ならセルフケアでも簡単に取り入れられます。風邪予防の手足にあるお灸しやすいおススメのツボをいくつかご紹介。

  • 咳・鼻風邪をひきやすい方:「太淵」
  • 疲労感・倦怠感が強い方:「太白」
  • 食欲不振の方:「足三里」
  • 精神的ストレスがある方:「内関」
  • 基礎力アップしたい方:「湧泉」

お灸がない方は、指で押してあげたり、触ってあげるだけでもOKです。

それ「むくみ」なんですけどぉ~

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

程度の差はありますが、老若男女問わずむくんでいる人は多いですね。圧迫すると戻りが遅い人、靴下などの痕がなかなか消えない人、パンパンな人、もっとひどくなるとカチンコチンの人も。でも「パンパン=太い=肉(筋肉)」と思って、むくみだと気が付いていない人も多いです。

高校球児だった私の甥っ子もその一人。毎日素振りをし、鍛えた立派な腕。ですが、むくみをとってみたら、「あれ?腕、結構細くなっちゃったね~あれ?胸板も薄くなっちゃった?顔もスッキリしたし、ふくらはぎもプルプルになったね~」。むくみケアをしていたら、もっと効率的に筋肉量が増えていたかもしれません。むくみが筋肉の収縮運動を邪魔しますからね。

ブーツを買う時に、足が太くて…とサイズの大きい筒を探しているあなた。もしかしたらそれは「むくみ」かもしれませんよ~。

ところで、「女性や高齢者は筋肉量が少ないのでむくみやすい」だから「ふくらはぎの筋肉を鍛えて、筋ポンプを機能を高めましょう」というような情報を目にしますが、

まずは筋肉をうまく使うこと!が重要
女性は、ハイヒールやブーツ、おしゃれ重視の安定感のない靴を履くことで、歩行時に足を蹴るという動作が小さくなります。足首をロックし、足首の曲げ、伸ばしの可動範囲が少なくなります。高齢者も、歩幅が小さくなるので、同じような状態になります。

また逆に「むくみ」があるから、筋収縮が十分にできないという現象も考えられますね。

関節をまたぐ筋肉をしっかり動かして、関節付近の滞りを改善することが、むくみケアの第一歩。そこで簡単にできるむくみケアをご紹介します。毎日コツコツやれば、徐々に変化してきますよ~。

1)状態を把握する
座った状態で、手を使って、足、腕、首など、今の張り感やむくみの状態などを把握しましょう。ケアを実施した後の状態と比較し、どの程度改善するか確認しましょう。

2)足(下半身)のむくみ ※全部できないときは、足首だけでも。
●足首
靴を履いて立ち、つま先を立てて足首をグルグル回す(つま先が保護されてるスニーカーなどが良特におススメ)。時計回り、逆回り、両方してください。
もしくは床にすわり足を伸ばして、片方の足首をもう片方の足首にのせて回す(この時足の指と手の指を組むとさらに効果的)。

もしくは仰向けになって足を宙に浮かせ振ってみる(なるべく前後左右大きく)でもOKです。

●股関節
椅子に膝を閉じたり開いたりして、太腿を動かす。なるべく股関節を大きく開いてください。もしくは、床に座って足の裏をくっつけて、膝を上下にパタパタさせる。

●膝
立って両膝に手をついて、膝を屈伸したり、回したり。

3)手・腕(上半身)のむくみ ※全部できないときは、手首だけでも。
●手首
上下左右に振ってください。

●肩
なるべく大きく回しましょう。

●肘
肘をもう片方の手で当てて支えます。時計回り、逆回りで回しましょう。

●首
首も時計回り、逆回りに大きく回しましょう。

4)状態を把握する
最後に1)と同じ姿勢でBefore/afterを確認してください。足、腕、首など、柔らかくなっていませんか?むくみがひどいと大きな変化がでにくいので、コツコツやってみてください。

さらにツボを利用したケアを取り入れるともっと効果が高くなりますが、セルフケア講習会や治療を受けに来ていただいた方などに、お伝えしていけたらなと思います。

PS:ただし「むくみ」は重大な病気が隠れていいることもあるので、普段の体調も含め「いつもと違う」と感じたら病院の受診をしてくださいね。