酷暑の体調管理は「尿」のチェックで!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

今年は本当に暑い日ばかりですね。そこで今日のお話は、体調管理に「尿」をチェックしよう!です。

「尿」は、体内の水分状態を知る手がかりになるので、この酷暑の体調管理にぜひ役立ててください。

人は、暑い時、体温調節のために、まずは「汗」を出すことを最優先にします。「汗」をかくことで放熱し体温の上昇を防いでいます。

汗をかけば血液や体液は減少します。「尿」は血液から作られているので、血液や体液が「発汗」によって減少すると、体内の血液や体液を保持するために「尿」の量は減少するんですね。

いつもと比べて「トイレに行く回数が減った」「尿の量が減った」「日中、濃い色の尿が出る」という場合は、水分不足のサイン。

私もこの間、「なんだか肩や背中がこるな~」「便秘がちだな~」なんて日が続きました。ふと気が付くと「トイレの回数」「1回の尿量」が減っていました。

血液の量が減ったことで、循環不良になり、首肩こりや便秘などの症状もでてくることも。

そして「尿の減少」をそのままにしておくと「発汗」も減少し、体の熱を放出できず、熱が体内にこもり、熱中症を引き起こすことにもつながります。

いつもと比べて「あれ?尿が少ないかな?」と思ったら、すぐに水分補給を。

そして水分だけでなく血液を増やすために「タンパク質」の摂取も心掛けてください。「尿」の元は血液なので、血液量を増やすことも重要です。

「タンパク質」は、血液の材料。そして「タンパク質(アルブミン)」が血液中に増えると、浸透圧の関係で血管内に水分を引き込み、血液量を増やすんです。

食欲がないと、ついつい冷たい麺だけ。なんて方も多いかもしれませんが、肉、魚、卵や乳製品、豆腐など大豆製品などを取ってください。

そして「尿量の減少」は水分不足だけが問題ではありません。

「尿」が担う大事な役割の一つは、体内の不要な物質(老廃物)を体外に出すこと。尿量が減れば、体内の余計なものを残留させることにもつながりますので、一定の尿量の確保が大事なんですね。

ちなみに…

暑いので、クーラーがガンガンかかった冷えた所に長くいる方もいらっしゃるかもしれません。体の冷えも「尿」でチェックできますよ。体が冷えていると「尿量の増加」「水のような透明な尿」に。こちらも参考にしてくださいね。

 

コメントを残す