肩・腕がしびれる~腕を上げてる時~

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

40代女性。最初はお顔の美容鍼で来院。でもお体の方の状態を伺うと、右の肩、腕にしびれがあるとか。またまた肩や腕の問題です。当院には、なぜか腕にトラブルがあるお客様が本当に多く来院されます。

この方の場合、いつもしびれているわけではないようで、車の運転中や、歯磨きをしているとき、ドライヤーで頭を乾かしていたり、荷物を持っていたりするとしびれるとのこと。

なるほど。この動作からわかる共通の動作は「腕を上げている時」です。

「腕を上げているときにしびれる」というのは、胸郭出口症候群(TOS)の特徴的な症状で、血管や神経が、肋骨や鎖骨、筋肉などによって圧迫されることで発生。その圧迫は、①斜角筋間隙、②肋鎖間隙、③小胸筋下間隙という解剖的な狭窄部位で起こりやすくなっています。

医者ではないので診断はできませんけどね、この方も「胸郭出口症候群」ではないかな〜。

ということで1週間に1度来院いただくことに。1回目の治療の後に、しびれは少し改善。2回目の治療の後には、歯磨きの時のしびれはなくなりましたが、より腕をより高く上げる、ドライヤーの時にしびれるとのこと。

3回目の治療の後は、痺れはほとんど感じなくなりました。最初に来院したときの痺れを「スコア10」とすると、3回目の治療の後は「スコア3」程度に。ほとんど気にならなくはなりましたが、まだ少ししびれます。

「スコア3」以降は、改善の進捗が少し鈍化しましたが、6回目の治療後は、ほぼ「スコア0」に。

今回この方は、胸郭出口症候群が疑われるしびれでしたが、肩や腕にしびれや痛みを感じる場合、色々な原因や絞扼部位が考えられます。しびれや痛みは、どこに、どのような時に(どのような動きの時に)出てくるかを良く観察して、教えてくださいね。

そしてこの方のように、最初はお顔の美容鍼で来院される場合でも、ほとんどの方にお体の不調があります。お顔の状態を良くするためには、首肩周辺の循環環境が重要な要因の一つです。「きれい」を手に入れるためにも、まずはきちんと体を労わってあげてくださいね~。

 

※施術効果は個人差があります。