第2弾 木目込み人形~鯉のぼり~

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

当院も2017年11月に多治見市音羽町で開院して6ヶ月目に突入しました。いや~本当に早いです。この間まで、すごく寒かったのに、あっという間に温かくなって、桜ももう終わりで…というか、暑いです。

毎日試行錯誤で、当院のことも、東洋医学のこと、鍼(はり)・灸(きゅう)のことなど、まだまだ皆さんに知っていただくには時間がかかりそうですが、でも多治見からだけでなく、土岐、瑞浪、中津川などからご来院いただいてありがたい限りです。

待合室の片隅に置いてある木目込み人形を変えましたよ。多治見では、節句は旧暦でお祝いするご家庭もあるので、2月中旬頃から~4月3日まで「お内裏さまとお雛さま」を飾っていましたが、旧暦のお雛祭りが終わったので、木目込み人形も男の子の節句の「鯉のぼり」に。

木目込み人形とは、木や桐塑(とうそ)で作った人形を筋彫り、筋彫りに目打ちなどで布の端を押し込んで衣装を着ているように仕立てた人形のこと。この筋彫りに布の端を押し込む動作を「木目込む(決め込む)」ということ、木目込人形と呼ばれています。

こちらも雛人形同様、人形は私が選んで、母が作ってくれた作品。こちらも旧暦の節句、6月5日まで飾ります。小ぶりでかわいいです。

来院した時にはぜひ見て行ってくださいね~。

コメントを残す