木目込みの雛人形がお出迎え

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

当院は、完全予約制で、スタッフは私一人なので、基本、待合室でお待ちいただくことはないのですが、鍼灸院を開設する際に3.3㎡以上の待合室を設置することが法律で定められているので、待合室はあるもののほとんど素通りいただいています(笑)。

待合室には、開院祝いでいただいたお花や観葉植物、絵などが飾ってありますが、片隅に木目込み人形も飾ってあります。

木目込み人形とは、木や桐塑(とうそ)で作った人形を筋彫り、筋彫りに目打ちなどで布の端を押し込んで衣装を着ているように仕立てた人形のこと。この筋彫りに布の端を押し込む動作を「木目込む(決め込む)」ということ、木目込人形と呼ばれています。

そろそろ女の子の節句「ひな祭り」なので、当院のお人形も干支(戌)の木目込み人形から「お内裏さまとお雛さま」に変更。実はこれ、母が作った作品です。

昨年3月までは東京で一人暮らしをしていたので、母が作ってくれた十二支の干支の木目込み人形は、自宅に飾ってありましたが、今は両親と同居しているので、同じ十二支の木目込み人形が、実家の玄関に飾ってあります。

ということで私に作ってくれた人形達は、お店に飾ることに。1年中、同じだとさびしいかなぁ~と思い、女の子の節句の時期には「お内裏さまとお雛さま」、男の子の節句の時期に「鯉のぼり」、クリスマスには「サンタクロースとクリスマスツリー」を新たに注文して、母に作ってもらったもの。

母がリウマチ性筋痛症になってしまって、今までのように作業ができなくなってしまったので、今年のクリスマスに「サンタクロースとクリスマスツリー」は間に合うかなぁ~。

多治見では、節句は旧暦でお祝いするご家庭もあるので、4月3日まで「お内裏さまとお雛さま」は飾りますので、ご来院の際はぜひ見てくださいね~。

 

 

コメントを残す