戌年だワン!最近の愛犬さくら

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

色々書きたいことがたくさんありますが、戌年が始まりましたので、最近の愛犬さくらの様子を。さくらももうすぐ10歳です。さくらは、チワワとパグのミックス犬で、毛が短く、寒いときはブルブル震えています。とっても冷え性で、冬は暖房の前か毛布にくるまっています。

昨年の11月、両親の部屋のリフォームをする間、両親はリビングで寝ていました。リビングには、さくらのゲージがあり、さくらはその中で寝ていたのですが、両親が近くで寝ているので、「出して~出して~」と粘り強く夜中鳴くのです。仕方なく出してあげたのが始まり。両親の布団で一緒に寝る生活が始まりました。そりゃ~ゲージの中より、布団の中の方が、ずいぶん温かいですよね~。

両親がリビングから撤退し、各自の部屋に戻って寝るようになり、数日間は、両親のどちらかのベッドに潜り込んで寝ていたのですが、ある時から、2階にいる私の部屋に飛んでくるようになりました。私が2階に行くと、一緒についてきて、そのまま私のベッドに居座ります。私がお風呂やトイレに下に降りて行っても、知らんぷり。

最近は、さくらは夜眠たくなると、早く2階に行きたいのか、私の行動を監視、じーっと私を見つめています。私がトイレに行くと「2階行くの?」とついてきますが、トイレに行くのを見届けると「まだか~」と残念そうに戻っていきます。そんなさくらに監視されている私は、さくらの目を盗み、そ~っと2階へ行くのですが、私の気配がないことに気が付くと、2階へ飛んできます。

こんなことも。私が2階に行こうとすると、さーーーっと一目散に2階へ。私が数段階段を登った後に、「あっ忘れ物」と引き返えすと、すでに2階のベッドにいるさくらは、「あれ?来ない?」と、また1階に降りてきて私を探します。

忘れ物を取って、再び階段を登り始めると、今度は「騙されないぞ~」と、一人でさーーーっと2階へは行かず、数段登っては振り返り、私がついてきてるのを確認しながら2階へ。おりこうさんです(笑)。

ということで、最近はさくらにベッドを占領されて、小さくなって寝ている私でした。きっと温かくなるまで続くんだろうなぁ~。普段はマイペースで、食べ物がないと寄ってこない犬。まあこのツンデレが、かわいいですけどね。

コメントを残す