腰痛~腰がピンポイントで痛い!~

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

今回も東京で施術をしていた時の改善例をお届けしたいと思います。

40代女性の腰痛。

以前鍼灸に通っていましたが、運動で体調を改善しようとしばらく鍼灸はお休みしていた患者様。が、色々やってみたものの、どうしても自分では何ともならない腰痛、それもなんとも言えないピンポイントの痛み。長い間座っていたり、運転していたりすると特に痛むとのこと。今回ばかりは、鍼灸に頼ることに。

腰痛は、多くの人が抱える症状です。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など器質的な問題から起こる特異的腰痛、器質的な問題は特に見当たらない非特異的腰痛には、仙腸関節性、椎間関節性、筋・筋膜性、椎間板性、最近では、上殿皮神経の絞扼による腰痛、また複数の要素が絡み合ってる場合もあります。

さてさて、この40代の女性の場合、お話を聞いたり、動作をしてもらったりして確認しても、う~…なんだかどれにも当てはまらないような…一度うつ伏せになって寝ていただき、背中・腰を確認してみました。あらら…腰の弯曲が少ないですね…背中がきれいに斜めです。

脊椎は、通常緩やかなS字曲線を描いています。首は前弯、胸は後弯、腰は前弯です。そうすることで衝撃や加重を分散しているのですが、この曲線が無くなって、きれいに斜めになっている方は、脊椎と骨盤が交わる付近に良く痛みが出る方が多いような気がします。

この患者様もその辺りにピンポイントに痛みがあります。触ってみます。あら?ピンポイントで痛いと言っている部分だけ、とっても冷えてます。それも表面というよりは深部。よーく見ると皮膚の色も少し紫がかってますね…これ「瘀血(おけつ)」ですね。

「瘀血(おけつ)」とは、東洋医学では、血液の流れが滞っている状態を意味します。「瘀血(おけつ)」は、刺すような痛み(刺痛)が出てくる場合があるんですよ。

ということで、血の滞りを改善するために、その場所に鍼を刺して少し上下に動かします。少し刺激のある鍼ですが、この患者様は刺激のある鍼はお好み。というものの、様子を伺いながら行います。奥の方から私の手に痛みが伝わり、消えて、また痛み、また消えてを何回か繰り返して鍼を抜きました。皮膚の色が変わり、深部の冷えも感じなくなりました。

その他の全身治療をして、最後に立ったり、座ったりして痛みを確認してもらい、少し違和感があるものの(鍼をした後の残鍼感かもしれませんが)、痛みは軽減。念のため次の週にも来院いただきましたが、痛みはなかったとのこと。どうしても自分では取れなかった痛みの再発防止のために、それ以降も月一でご自身のためにメンテナンスを続けることに。

と、今回は瘀血(おけつ)による腰の痛み。西洋医学ではなかなか解を見つけ出せないかもしれない改善例をお届けしました。

 

※施術効果は個人差があります。

コメントを残す