本日11/3(金)開院&治療院の名前の隠れた意味(その1)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

本日11/3(金)、岐阜県多治見市音羽町4丁目に「鍼灸 治療院 ゆうら」をオープンいたしました。今日は朝からお祝いのお花や植物などが届き、まだできてない準備をしてバタバタと過ごしました。

今日は天気も良くて開院日和でしたし、暦もとても良い日でした。六曜「大安」、その下の十二直も「成(開店吉)」、そして「一粒万倍日(開店吉)」。ということで、この日を開院日に決めました。

でもテナントの契約をする頃に、父が細菌性胸膜炎で40日間の長期入院となり先週退院、店の準備と看病、そして来年予定だった家のリフォームが前倒しに(ひゃ~)なり、その準備。色々重なってしまって、非常のお疲れモード。ということで、ボチボチ焦らず始めることに。とにかく今日は形だけでも開院できたので良しとしたいと思います。

「ゆうら」の名前は、ゆ=癒、う=美、ら=良 という漢字を充てて、「体も心も良好で美しい状態を保つお手伝いをすること」をコンセプトにしていることはホームページで紹介しています。

実はこれ以外にもいくつかの隠れた意味(こじつけ?)があります。う=美、ら=良は、私の両親の名前の一文字ずつでもあります。感謝の意味を込めて、この2文字をお店の名前に入れました。今日は両親も午前中に店に足を運び、初めて院を見て、喜んでくれました。

「ゆうら」に隠された意味は、他にもあるのでまた折をみて(その2)を紹介します。

コメントを残す