そういえば頭痛が…

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

今日は全身を調整する鍼灸治療を始めて、気が付いたら頭痛が軽減していたという、こちらも東京で施術をしていた時の40代女性のお話。

仕事がかなりハードで、ストレスも多い40代女性。首肩こり、目の疲れ、手首の痛み、全身のむくみ、便秘、全身倦怠感、腰痛、耳鳴り、不眠、頭痛などなど、とにかく色々ありすぎて何が一番悩みかも分からないほど。仕事の状況によって症状も変化、来院毎に主訴も異なる。全般的に体調を良くしていきたいと月2回の全身を調整する鍼灸治療を開始。

特に頭痛は、長年のお付き合いかつ頻繁に寝込んでしまい生活に支障がでるほど。彼女の頭痛は、気圧の変動や、運動などをして血行が良くなりすぎると勃発する「偏頭痛」。頭痛外来にも月1回通院。

鍼灸治療を開始して半年ほど過ぎた頃、「頭痛はどう?」と尋ねると、「そういえば…頭痛外来にしばらく(3か月ほど)行ってないです!」と。彼女は薬を処方してもらうために毎月頭痛外来に通っていたのですが、頭痛の頻度が減り、薬を飲むことが減り、薬が残っているので、頭痛外来に行ってなかったのです。

彼女が処方してもらっていた薬は、偏頭痛薬のトップクラスの即効性があると言われる「マクサルト」。これは月10回分しか処方してもらえないということで、どうにもこうにも痛くて生活に支障がでる際に飲む大事な薬だとか。あとは非ピリン系解熱鎮痛薬の「カロナール」を症状に応じて服用していたとのこと。

頭痛が起こっても、以前より軽度ですむようになり、「マクサルト」を服用することが減り、「カロナール」で大丈夫とか。仕事を休むなど生活への支障も減っているとのこと。長年薬が手放せなかった彼女は、鍼灸治療によって薬を飲む量が減ったこと=頭痛が減ったことに驚いていました。

そして私が東京を去った後は、鍼灸治療をお休みしているようですが、軽度の頭痛はあるのもの、以前のように生活に支障がでるほどの頭痛はほぼなくなり、良い状態をキープしているとのこと。

頭痛のある方というのは、頭痛だけが悩みという方は少ないですよね。今回のこの女性の改善例は、頭痛のみならず、さまざまな症状を持つ方が、全身を調整の鍼灸治療を行ったことで、全体の状態が良くなったという例でもあります。

さてさて、頭痛には色々なタイプがあります。緊張型頭痛、偏頭痛、群発頭痛など、また偏頭痛は、気圧と関係していたり、女性の場合は生理と関係していたり、食べ物などで誘発される場合もあります。

今まで経験したことがないような頭痛が急に襲った場合は、命に係わることもあるので、その時は病院を受診してくださいね。

私も気圧性の偏頭痛があります。私の場合は、鎮痛剤を必要とするひどい頭痛は年に数回ほど。春一番が吹く3月上旬と秋に入る9月頃。それ以外は、鎮痛剤まで必要としない軽度の頭痛が気圧の変化によって起こります。飛行機で10時間以上のフライトをすると、到着後1~2日ひどい頭痛に悩まされます。これも気圧が関係しています。また今年気が付いたことですが、今年春に多治見に戻ってきた後、何とも体がだるく、頭が重いという状態が3か月ほど続きました。東京では海抜0mの所に住んでいましたが、多治見は海抜100mはあると思うので、この標高差による気圧の変化にも体が反応してたことに気が付きました。

では、私が気圧性の偏頭痛ということがなぜわかったか?職場で同じように気圧性の偏頭痛が起こる私より重症な人が数名いたから。その方々はご自身が気圧性の偏頭痛であることを既にご存知でした。そこで少し頭痛がする日は「今日頭痛い?」と聞いてみることに。すると同じように頭痛が起きていたので、あ~私も気圧性か…と分かったわけです。その後、気圧を教えてくれるスマホアプリをいれて観察したところ、自分の住んでいる地域の気圧が急降下する数日前に頭痛が起こることがわかりました。

まず頭痛をお持ちの方は、自分はどのタイプの頭痛なのかを探ることも重要です。頭痛日記をつけたり、頭痛もちの方とのコミュニケーションで情報を共有したり、スマホアプリなどを活用して、ご自身の頭痛サイクルやタイプを探ってみてはいかがですか?ご自身の頭痛を知ることは、ご自身の頭痛と向き合うための第一になるはずです。

 

※施術効果は個人差があります。

腰痛~腰がピンポイントで痛い!~

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

今回も東京で施術をしていた時の改善例をお届けしたいと思います。

40代女性の腰痛。

以前鍼灸に通っていましたが、運動で体調を改善しようとしばらく鍼灸はお休みしていた患者様。が、色々やってみたものの、どうしても自分では何ともならない腰痛、それもなんとも言えないピンポイントの痛み。長い間座っていたり、運転していたりすると特に痛むとのこと。今回ばかりは、鍼灸に頼ることに。

腰痛は、多くの人が抱える症状です。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など器質的な問題から起こる特異的腰痛、器質的な問題は特に見当たらない非特異的腰痛には、仙腸関節性、椎間関節性、筋・筋膜性、椎間板性、最近では、上殿皮神経の絞扼による腰痛、また複数の要素が絡み合ってる場合もあります。

さてさて、この40代の女性の場合、お話を聞いたり、動作をしてもらったりして確認しても、う~…なんだかどれにも当てはまらないような…一度うつ伏せになって寝ていただき、背中・腰を確認してみました。あらら…腰の弯曲が少ないですね…背中がきれいに斜めです。

脊椎は、通常緩やかなS字曲線を描いています。首は前弯、胸は後弯、腰は前弯です。そうすることで衝撃や加重を分散しているのですが、この曲線が無くなって、きれいに斜めになっている方は、脊椎と骨盤が交わる付近に良く痛みが出る方が多いような気がします。

この患者様もその辺りにピンポイントに痛みがあります。触ってみます。あら?ピンポイントで痛いと言っている部分だけ、とっても冷えてます。それも表面というよりは深部。よーく見ると皮膚の色も少し紫がかってますね…これ「瘀血(おけつ)」ですね。

「瘀血(おけつ)」とは、東洋医学では、血液の流れが滞っている状態を意味します。「瘀血(おけつ)」は、刺すような痛み(刺痛)が出てくる場合があるんですよ。

ということで、血の滞りを改善するために、その場所に鍼を刺して少し上下に動かします。少し刺激のある鍼ですが、この患者様は刺激のある鍼はお好み。というものの、様子を伺いながら行います。奥の方から私の手に痛みが伝わり、消えて、また痛み、また消えてを何回か繰り返して鍼を抜きました。皮膚の色が変わり、深部の冷えも感じなくなりました。

その他の全身治療をして、最後に立ったり、座ったりして痛みを確認してもらい、少し違和感があるものの(鍼をした後の残鍼感かもしれませんが)、痛みは軽減。念のため次の週にも来院いただきましたが、痛みはなかったとのこと。どうしても自分では取れなかった痛みの再発防止のために、それ以降も月一でご自身のためにメンテナンスを続けることに。

と、今回は瘀血(おけつ)による腰の痛み。西洋医学ではなかなか解を見つけ出せないかもしれない改善例をお届けしました。

 

※施術効果は個人差があります。

腕の痛み~手首の痛み、腱鞘炎、テニス肘など~

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

肩こり、腰痛を感じていらっしゃる方は多いですし、国民病ともいわれてますが、私の所にはなぜだか、この2つの症状より「腕」に問題を抱えていらっしゃる方が多く集まってきます。

手首辺りの痛み、肘痛、上腕痛、肩周辺の痛みなど。自覚的に痛みのある所だけを治療しても良くならないケースもあります。

まだ多治見に治療院を開設して日が浅いので、東京で治療していた時の、主に筋肉とむくみが原因と考えられる40代・50代女性の3つの改善例をご紹介。いずれも長期間患っていたり、慢性化していた例です。もちろん1回の治療では良くなりません。その方の治癒力、患っていた期間、状態、そして腕の使用状況、そして施術の間隔などによって改善までの道のりは異なります。

【手首周辺の痛み:40代 女性(会社員)】

転んだ際、手をつき痛めてしまいました。その時はわからなかったのですが、後日ヨガで四つん這いのポーズをしたとき、手のひら全体、手首辺りに痛みが…そのうち良くなるでしょう~と、3ヶ月ほど放置。でも良くなる気配はないため、施術を受けることに。

数回の施術で改善というわけにはいきませんでしたが、何回かで、手のひらの痛みは徐々軽減、最後に手首のある所だけ痛みにが残りました。

どうしたものかと、念入りに触診。すると、私の体のある所が痛み始めました(この話はまた後日…)。①彼女の痛む所と、②私が体の痛くなった場所を、彼女の体で探します。①と②の2点を触りしばらくすると、②から大きな塊がズドンと流れていく感覚がありました。これで「むくみ」がひきました。痛みとは違う場所の「むくみ」が関係していたようです。その後、手をついて痛みを確認してみると、少し違和感はあるものの痛みがほとんどなくなりました。不思議な感じがしますが、東洋医学では同名経と言われる方法になります。

【パソコンの使い過ぎによる腱鞘炎・肘痛:50代 女性(自営業)】

パソコンの使い過ぎが原因と考えらる手首の痛み、肘の痛みがでて3カ月ほど。仕事場の環境が変わったことで、今までと違う机や椅子、そして姿勢が影響して手首への負担が増えたよう。整形外科に行って「テニス肘」と診断されたと。

肘窩の上の辺りにも圧痛があります。上腕の方を触ってみると、ありゃ~上腕の内側がガチガチです。このガチガチの筋肉に鍼を刺しても筋肉は柔らかくなりません。筋肉自身が硬いというより、むくみが邪魔をしているから。腕のむくみを改善する施術を行うと、上腕の内側も柔らかくなり、肘窩の上辺りの圧痛は取れました(上腕の内側が「むくみ」でガチガチになってる方結構います)。

手首の痛みは、手首から肘をまたぐ筋肉を緩めます。圧痛点や張り感の強い場所を探して鍼を刺していきます。ちょっと刺激がある鍼ですが、この方は刺激が大丈夫な方でした。次の日、腕がだるかったようですが、その後、痛みは気にならなかった。と。ご自身の自覚的な痛みの発する所だけでなく、拮抗する筋肉も見てあげることが大事です。この方も何回かの施術で良くなり、再発なくお過ごしのよう。

手首から肘にかけての痛み、上腕の痛み:40代 女性(演奏家)】

腕をハードに使いながら改善を目指す必要がある方。痛みのあるところを丁寧に見ていきますが、演奏できるのが信じられないぐらい、少し触ってもかなり痛がります。プロの方って、痛みを堪えてやってる方も多いですよね。

痛む箇所が広範囲なのでピンポイントではなく、経絡を考慮して施術していきます。表裏関係の経絡も見ていきます。またあまり刺激の強い施術をしてしまうと、施術後、演奏ができなくなるので、そのあたりにも注意が必要です。最初の頃は、薬指・小指側の痛みが強くでていました。ここの痛みが和らぐと次は親指・人差し指側に痛みが、さらに肘下の痛みが改善すると、上腕にも痛みが出てきました。この方も上腕の内側がガチガチ。これも「むくみ」ですね…こちらも同名経も使っての施術も行いました。

一番痛い所だけに目がいっていましたが、知らず知らずのうちに、腕全体を悪くしていたんですね。一か所良くなると、次、次と移っていきました…忙しいスケジュールでも、痛みを改善し、パフォーマンスを上げるために、定期的に施術を受けていただき、少し時間がかかりましたが、今は良好に。

腕の痛みのある方で、筋肉にアプローチしてもなかなか良くならない方、上半身のむくみが関係している可能性もありますので、ぜひ当院にご相談ください。

 

※施術効果には個人差があります。

 

本日11/3(金)開院&治療院の名前の隠れた意味(その1)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
アトピー性皮膚炎、頭痛、腱鞘炎・肘痛・腕痛・肩痛
生理痛・更年期障害などの婦人科系の症状なら

~多治見市音羽町4丁目 女性鍼灸師・整体師が営む治療院~

鍼灸 治療院ゆうら
TEL:050-3700-7605                  http://eura-chiryoin.jp
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

本日11/3(金)、岐阜県多治見市音羽町4丁目に「鍼灸 治療院 ゆうら」をオープンいたしました。今日は朝からお祝いのお花や植物などが届き、まだできてない準備をしてバタバタと過ごしました。

今日は天気も良くて開院日和でしたし、暦もとても良い日でした。六曜「大安」、その下の十二直も「成(開店吉)」、そして「一粒万倍日(開店吉)」。ということで、この日を開院日に決めました。

でもテナントの契約をする頃に、父が細菌性胸膜炎で40日間の長期入院となり先週退院、店の準備と看病、そして来年予定だった家のリフォームが前倒しに(ひゃ~)なり、その準備。色々重なってしまって、非常のお疲れモード。ということで、ボチボチ焦らず始めることに。とにかく今日は形だけでも開院できたので良しとしたいと思います。

「ゆうら」の名前は、ゆ=癒、う=美、ら=良 という漢字を充てて、「体も心も良好で美しい状態を保つお手伝いをすること」をコンセプトにしていることはホームページで紹介しています。

実はこれ以外にもいくつかの隠れた意味(こじつけ?)があります。う=美、ら=良は、私の両親の名前の一文字ずつでもあります。感謝の意味を込めて、この2文字をお店の名前に入れました。今日は両親も午前中に店に足を運び、初めて院を見て、喜んでくれました。

「ゆうら」に隠された意味は、他にもあるのでまた折をみて(その2)を紹介します。